« くるま履歴書09 短い付き合い ブジョー206SW | トップページ | くるま履歴書10 オープンカーでコップンカー プジョー307cc »

2007年5月 5日 (土)

オレゴン健康科学大学(古い)訪問記20(完結) 総括

 今回の訪問は実質4日間と極めて短期間であり、朝から夜までびっしりとスケジュールが組まれなかなかハードであった。しかしその分非常に充実した研修を受ける事ができた。滞在中ずっとTaylor先生が我々をサポートして下さり、最終日もわざわざホテルまで来てお見送りをしていただいた。高名な先生だが大変にフレンドリーで、学生にも、研修医にも熱心に指導をしている姿が、印象的だった。また教わる方も積極的、自主的に取り組んでいる様子がとても好ましく感じられた。また、教育を前提とした医療機関の設備や体制のあり方については、非常に学ぶ点が多かった。今後日本でも学生、研修医教育における地域の医療機関の役割が大きくなると考えられるので、大いに参考にしていく必要があろう。

一方、日米の医療、特に保険制度の違いに根ざした相違点はかなり大きく、今回見聞した事の中には、そのまま日本へ持ち込む事が難しい点も多く見られた。また、大学の関連施設という特殊性のため、アメリカの地域住民の多数が受ける医療の実態を必ずしも反映していないと考えられた。もしチャンスがあれば、オレゴン州の広大な農村部での医療がどうなっているかについても、触れて見たいと思った。

また、日本の地域医療においては、内視鏡、超音波などは僻地診療所レベルでも広く普及しており、創傷治療などの技術レベルなど、日本の方が優れているのではないかと感じる面もあり、こういった部分は今後ものばしていく必要があると感じた。

|

« くるま履歴書09 短い付き合い ブジョー206SW | トップページ | くるま履歴書10 オープンカーでコップンカー プジョー307cc »

オレゴン健康科学大学(古い)訪問記」カテゴリの記事

医療」カテゴリの記事

心と体」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/195657/13777433

この記事へのトラックバック一覧です: オレゴン健康科学大学(古い)訪問記20(完結) 総括:

« くるま履歴書09 短い付き合い ブジョー206SW | トップページ | くるま履歴書10 オープンカーでコップンカー プジョー307cc »