« カンボジアの旅01 ベトナム航空VN829便 | トップページ | カンボジアの旅02 ホーチミン空港 »

2007年10月12日 (金)

古い鉄道写真アルバム08 1979年鶴見線と絵入り特急マーク

1979年(昭和54年)1月2日撮影
19790102__ 19790102___2 南武線浜川崎支線は、川崎の次の尻手駅から、港湾地区の浜川崎までを結んでいます。当時の国電用車両は短編成を作ることができなかったため、鶴見線ともども旧型国電のまま残され、都会の中で時間に取り残されたような光景でした。最初の写真はどうにも失敗作ですが、他に無いようなので出してみました。車内は重厚なニス塗りの木の内装で、もちろん冷房はついていません。冬場なので扇風機にはカバーがかけられています。そういえば電車に扇風機がついていた事など今では知らない人が多いのでしょうね。
19790102___3  浜川崎支線と鶴見線の浜川崎の駅は道路をはさんで離ればなれになっています。
 鶴見線の電車がやってきました。焦ってしまいシャッターを押すタイミングが速すぎですね。中学生の頃の写真はこんなのが多いです。


 昭和53年10月のダイヤ改正は「ゴーサントオ」と呼ばれる大改正でした。全国で格上げの名目で急行が特急に変わり、貧乏旅行の友であった夜行急行も削減されました。特急列車の番号が下りは奇数、上りは偶数となったのもこの時で、おかげで狩人の歌に歌われた新宿発『8時ちょうどの「あずさ2号」』は「あずさ3号」に変わり、「あずさ2号」は信濃路から新宿に上京する列車になってしまいました。
 鉄道趣味的に最も大きな変化は、特急の愛称表示が絵入りに変わった事だろうと思います。それまで白地に黒い文字だけだったものが、列車毎に違ったデザインに変わりました。上野駅のホームは、各方面への様々な特急が集まるので、カメラ小僧がたくさん集まりました。写真としては全然面白くないのですが、いずれのマークも今は絶版なのでとりあえず載せさせていただきました。19790102___9「ゆうづる」は上野-青森(常磐線経由)の寝台特急。「はつかり」は上野-青森(東北本線経由)の昼行特急。「ひばり」は上野-仙台(東北本線経由)、「ひたち」は上野発の常磐線平(現いわき)方面。「とき」は上野-新潟。「つばさ」は上野-秋田(奥羽本線経由)でした。
19790102___619790102___8 19790102___7 19790102___5
19790102___4

|

« カンボジアの旅01 ベトナム航空VN829便 | トップページ | カンボジアの旅02 ホーチミン空港 »

古い鉄道写真アルバム」カテゴリの記事

旅行・地域」カテゴリの記事

趣味」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/195657/16087565

この記事へのトラックバック一覧です: 古い鉄道写真アルバム08 1979年鶴見線と絵入り特急マーク:

« カンボジアの旅01 ベトナム航空VN829便 | トップページ | カンボジアの旅02 ホーチミン空港 »