« カンボジアの旅21 アンコールワットの日の出とBeatocello | トップページ | 本日のハンターマウンテン »

2007年12月 1日 (土)

古い鉄道写真アルバム15 1980年国鉄白糠線北進駅

1980年(昭和55年)3月24日撮影

19800324_1_219800324_2_2 帯広に戻った後は根室本線を東へ。釧路まであと一息という白糠駅で下車します。白糠からは、白糠線という超ローカル線が北へ分岐していました。この路線は本来は足寄までの路線で、池北線と接続する計画で建設が始まり、1964年に上茶路まで、1972年に北進まで開通しました。しかしその先の工事はそのまま中断されてしまいました。白糠線の終点の北進駅はご覧のように周囲に全く何も無いような所で、何のために毎日3往復の列車を走らせているのやら、という感じです。国鉄再建法に基づく赤字ローカル線の廃止第1号として、1983年に廃止されました。北進駅の歴史はわずか11年間で終わりました。

 

|

« カンボジアの旅21 アンコールワットの日の出とBeatocello | トップページ | 本日のハンターマウンテン »

古い鉄道写真アルバム」カテゴリの記事

旅行・地域」カテゴリの記事

趣味」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/195657/16127352

この記事へのトラックバック一覧です: 古い鉄道写真アルバム15 1980年国鉄白糠線北進駅:

« カンボジアの旅21 アンコールワットの日の出とBeatocello | トップページ | 本日のハンターマウンテン »