« X01Tアプリ動作状況 | トップページ | X01Tアプリ動作状況2 »

2007年12月17日 (月)

カンボジアの旅28 プリアカン(2) 「ギリシア神殿」風

2007年9月24日(月)
Img_1935  プリアカンの内部へと足を進める。かなり複雑な構成で、同じように石の小部屋が縦横に配置され、それをつなぐ通路が何重にも巡らされている。この小さな空間で多くの人が生活していたのだろうか。
 壁面を見ると植物のレリーフが彫られている。その下には仏像を削り落とした跡が見える。バイヨンやタプロームでも見られた光景。かわいそうな仏教王ジャヤバルマン7世である。

Img_1936 なおも通路を進んでいくと中央祠堂に到達する。外からは全く目立たずに、建造物の中に埋もれている。中心には大きくはないが仏舎利塔が据えられている。天井には屋根がかけられておらず、自然光が降り注いでいる。壁にはたくさんの穴が開けられている。宝石を埋め込んであったという説もあるが、少なくとも現在はただの穴である。

Img_1937     中央の建物群を抜けて、東側に出る。

 建物を跨いで成長していた榕樹の幹が、切り倒されている。木は枯れているように見える。しかし根の部分は除去されずに残されている。建物にがっちりと食い込んでおり、これをいじると石組みが崩壊してしまうのかもしれない。

Img_1938 壁面にはデヴァターや、疑似連子窓などが彫られている。ここにも仏像が削られた跡が多数見られる。

Img_1941 東側のテラスの北東部分に変わった建物が見られる。2階建てのこの建物は、一階部分が円筒形の柱を持つのに、何故か二階部分は角柱になっているのだ。二階は床も天井も抜けている。このギリシア神殿のような細長い建物が、何に使われ、何故このようなデザインになったのかは解明されていないらしい。

Img_1944 「ギリシア神殿」の西側は、4mほどの高さに嵩上げされている。階段の両脇にはシンハが。もともとはこの上にも何かの建物が建っていたのだろうか。

Img_1946 Img_1945上に登れば、遺跡の全体像を俯瞰できる。東側に「ギリシア神殿」や東門を、南西側に、祠堂や切り倒された榕樹などを望む。

 プリアカンの見学は30分ほどで終わり。14時52分に次の目的地東メボンに出発となる。

|

« X01Tアプリ動作状況 | トップページ | X01Tアプリ動作状況2 »

カンボジアの旅」カテゴリの記事

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/195657/16896360

この記事へのトラックバック一覧です: カンボジアの旅28 プリアカン(2) 「ギリシア神殿」風:

» カンボジアの結婚式 一日目午前 [地球浪漫紀行☆世界紀行スタッフの旅のお話し]
妻の弟が結婚するというので、カンボジアのシュムリアプに行ってきました。 上の写真が新郎である義弟と新婦です。(照沼 一人) 後ろの方で暗くて良く見えませんが、早朝4時半から新婦の化粧が始まります。 前3人は私の姪っ子3姉妹。 2時間以上かけて明るくなった頃に完成。 ずっと同じ場所に腰掛けています。 メイク(かなりきつめ)とヘアセットは衣装屋さんが兼ねます。 新婦が終わると他の人たちの準備開始。 まずは、シアヌークの別荘の前の仏像に参拝。 この仏像はアンコール王朝時代のものとされていま... [続きを読む]

受信: 2007年12月18日 (火) 10時16分

« X01Tアプリ動作状況 | トップページ | X01Tアプリ動作状況2 »