« X01T サイバーナビと相性悪し | トップページ | X01T モバイルパワーバンクを購入 »

2008年1月 5日 (土)

古い鉄道写真アルバム20 1980年オホーツク海

1980年(昭和55年)3月27日撮影

19800327__ 夕張を訪ねる前に乗車した室蘭本線栗丘駅の駅名票です。ここは順に「栗沢」-「栗丘」-「栗山」とだんだん標高が上がっていく面白い駅名です。単にそのネタだけのために撮った写真です。


1980年(昭和55年)3月28日撮影

19800328_ 札幌から6泊目の夜行列車の急行大雪に乗り、まだ夜も明けぬ遠軽駅で下車。この日は名寄本線湧別支線や、湧網線、釧網本線に乗車しました。湧別支線は北海道の辺地にある上に、朝と夕方の1日2往復しか運転しておらず、乗車するのは至難の技でした。その湧別支線唯一の中間駅、四号線仮乗降場の写真です。仮乗降場とはかつて北海道にたくさん存在していました。たいていは短い板張りのホームがあるだけ。中には殆どの列車が通過してしまうような物もありました。簡易な駅名票の下には時刻表が掲げられていますが、一日2往復分しか時刻が書かれていないのがわかります。国鉄時代はこんな存在価値が不明な路線が多く残されていました。この路線も1989年(昭和64年)に廃止されました。

 湧網線は中湧別から網走までの路線で、サロマ湖畔を走っていました。冬場のサロマ湖は一面白いだけで写真としては面白くないので割愛しました。

19800328___219800328__ 網走から釧路までの釧網本線の列車は、貨物と客車の混合列車でした。機関車の後ろに2両だけ貨車が連結されています。

 この路線は途中オホーツク海を眺める事ができます。この時はまだ流氷が接岸しています。海の向こうには知床半島がうっすらと見えています。

 

|

« X01T サイバーナビと相性悪し | トップページ | X01T モバイルパワーバンクを購入 »

古い鉄道写真アルバム」カテゴリの記事

旅行・地域」カテゴリの記事

趣味」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/195657/16127706

この記事へのトラックバック一覧です: 古い鉄道写真アルバム20 1980年オホーツク海:

« X01T サイバーナビと相性悪し | トップページ | X01T モバイルパワーバンクを購入 »