« カンボジアの旅43 シルバーパゴダ | トップページ | X01T モバイル Google マップを楽しむ »

2008年2月 2日 (土)

古い鉄道写真アルバム24 1980年紀伊半島と関西2

1980年(昭和55年)8月25日撮影
19800825___4 19800825__2     天王寺から関西本線で奈良へ移動し、木津から片町線へ。片町線の木津-長尾間はまだ電化されておらず、ディーゼルカーでの運転でした。長尾駅のホームから木津へ折り返していく列車を撮影。続いて大阪駅で到着した特急雷鳥のボンネット車を撮影。ちなみにこの485系は、改装工事を受けながら今だに現役で使われています…。

19800825__19800825___2 阪和線の各駅停車で和歌山へ。朝香駅で通過する快速電車を撮影。

 和歌山からは、南海電鉄と連絡駅である和歌山市駅へ移動。南海電鉄のホームでなんば行きの急行を撮影。

19800825___3 和歌山市駅では珍客にもお目にかかりました。当時の国鉄紀勢本線には天王寺から白浜・新宮方面に行く急行「きのくに」が運転されていました。その急行きのくにの一部には南海電鉄のなんば駅始発の物がありました。南海所有のディーゼルカーが使用され、なんば駅から和歌山市駅まで南海線を進み、国鉄に乗り入れて和歌山駅で天王寺編成と併結し、白浜方面をへ直通していました。

19800825__119800825__2_2 和歌山からは和歌山線に乗って王寺へ。途中吉野口で近鉄吉野線の電機機関車をみつました。丸い形の側窓が特徴的です。



1980年(昭和55年)8月26日撮影

 深夜の天王寺から再び名古屋行きの夜行「はやたま」に乗り込みます。天王寺発のはやたまは、和歌山方面の最終列車として利用する通勤客、南紀方面へ向かう釣り客、そして鉄道ファンでなかなかの賑わいでした。

19800826__19800826___2 夜が明けた新宮で寝台車を切り離し、更に東へ。リアス式海岸をトンネルで縫うように作られた線路は、入り江ごとに海を望むことができ、車窓を楽しむ事ができます。尾鷲で東京から紀伊勝浦まで運転していた寝台特急「紀伊」を待ち合わせます。続いて、後から来た紀伊勝浦発名古屋行きの「南紀」を先行させます。各駅停車の長い旅はまだまだ続き、終点の名古屋には午後1時頃の到着でした。大阪から名古屋まで、新幹線なら1時間の道程を13時間以上もかけて走るのんびり列車でした。

|

« カンボジアの旅43 シルバーパゴダ | トップページ | X01T モバイル Google マップを楽しむ »

古い鉄道写真アルバム」カテゴリの記事

旅行・地域」カテゴリの記事

趣味」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/195657/16334451

この記事へのトラックバック一覧です: 古い鉄道写真アルバム24 1980年紀伊半島と関西2:

« カンボジアの旅43 シルバーパゴダ | トップページ | X01T モバイル Google マップを楽しむ »