« 沖縄の旅10 美ら海水族館1 | トップページ | 沖縄の旅11 美ら海水族館2 »

2008年4月26日 (土)

古い鉄道写真アルバム36 1982年漆生線・後藤寺線と妻駅

 福岡県の筑豊地方にはかつて石炭輸送のために建設された多くの路線がありました。炭鉱の閉山の後、これらの路線は利用者の殆ど居ないローカル線になりました。運転本数もあまり多くないので、国鉄乗りつぶしを目指す者にとっては、北海道に並ぶ難所となっていました。

071 1枚目の写真は漆生線です。飯塚と豊前川崎を結んでいた上山田線(これも廃線)の下山田駅と、後藤寺線(これは今も現役)の下鴨生駅を結んでいました。まあ、何の見どころも無いような所を走っていた地味な路線です。

091 2枚目はその後藤寺線の船尾駅。背後に見える船尾山の石灰石を運び出していました。白い山と、石灰で白くなった建物が、異様な雰囲気を醸しだしています。

081 3枚目は後藤寺駅(現田川後藤寺駅)の券売機。ちょっと見にくいですが、上に掲げられた複雑怪奇な路線図をご覧ください。自分の行きたい駅をこの中から探し出すのはなかなか大変です。こんなにたくさんの路線がありましたが、その殆どは現在廃止されてしまいました。

131 4枚目はおまけ。宮崎県の妻線の妻駅です。構内にはたくさんの木材が積まれています。妻駅の入場券は夫婦円満のお守りとして人気があったようですが、当時は高校生だったので関係の無い話です。

|

« 沖縄の旅10 美ら海水族館1 | トップページ | 沖縄の旅11 美ら海水族館2 »

古い鉄道写真アルバム」カテゴリの記事

旅行・地域」カテゴリの記事

趣味」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/195657/16414101

この記事へのトラックバック一覧です: 古い鉄道写真アルバム36 1982年漆生線・後藤寺線と妻駅:

« 沖縄の旅10 美ら海水族館1 | トップページ | 沖縄の旅11 美ら海水族館2 »