« 野岩鉄道・会津鉄道・JR只見線 日帰り鉄 7 | トップページ | (番外)オバマ時期アメリカ大統領がカイルアビーチに »

2008年12月24日 (水)

ハワイの旅21 ハウツリーラナイでの昼食会

2008年9月17日(水)

 結婚式の後は昼食会となる。新郎新婦はまだ写真撮影があるそうで別行動。他の参加者はリムジンに乗りホノルルへ向かう。我々夫婦はレンタカーでその後を追う。ホイールベースが無茶苦茶長いリムジンカーは小回りが効かず、コーナーを曲がるのが大変そう。曲がり切れずに切り返しを要する場合もあるので、レンタカーでついて行く場合は予測して車間を開けておく必要がある。カハラの住宅地の中を抜けて、ホノルル市街地の東のはずれ・ダイヤモンドヘッドのすぐ西隣にある ニューオータニカイマナビーチホテル に到着。Valet Parking なのでホテルのエントランスで車を預ける。時刻は11時30分。

Img_3343  日系のホテルなので日本人客ばかりかと思ったが、意外に白人の客も多くみかける。旅行会社のスタップと思われる若い日本人女性が2人待機していた。彼女らの指示に従ってホテルのロビーで待つが、新郎新婦はなかなかやって来ない。暇なのでホテル前の Kapiolani Park Beach に出てみる。カイルアの海と違って人がうじゃうじゃいる。それでもワイキキよりは少ないのだろうが。砂は茶色い。ここもワイキキと同じようにカリフォルニアの砂なのだろうか?? ワイキキ方面の風景は殺風景なコンクリートの建造物で遮られている。防波壁?の上を歩いていくとようやくワイキキビーチ方面を遠望できるポイントが見つかった。

Img_3349  12時30分。ようやく新郎新婦が到着。昼食会が始まった。ハウツリーラナイは、その名の通り大きな Hau Tree の木陰につくられた Lanai ラナイ=バルコニー を使ったレストラン。白い柵の向こうにビーチが広がるが、残念ながらプライベートビーチでは無いので人が多い。リゾートホテルの海辺のレストランという雰囲気にはやや欠ける。しかしハウツリーと潮風のおかげで涼しくて過ごしやすいのは良い。旅行会社の女の人たちが飲み物の注文をとってくれたが、日本語メニューも完備されているこのレストランではおそらくベタな日本人観光客でもオーダーぐらいさすがに自分できるだろう。彼女たちの存在意義は結局よくわからなかった(^-^; 。

Img_3361_1 Img_3362_1_2Img_3365  食事の後はワイキキの市街地へ向かう。我々夫婦以外はホノルルに宿泊しているが、泊まっているホテルはバラバラ。義父母と義弟(長男)が宿泊しているワイキキパークホテルの Valet Parking に車を預ける。お部屋見学をさせていただきラナイから高層ビル群の写真を撮影。隣に見えるピンクの建物はロイヤルハワイアン。

 次に新郎新婦の泊まるハレクラニにお邪魔した。ラナイから有名なプールの写真を撮影させていただいた。手前の椰子の木が邪魔だ。プールの向こうにはビーチが見える。これが今回の旅行で最も間近に見たワイキキビーチ。やっぱり砂は茶色いみたいだ。

|

« 野岩鉄道・会津鉄道・JR只見線 日帰り鉄 7 | トップページ | (番外)オバマ時期アメリカ大統領がカイルアビーチに »

ハワイの旅」カテゴリの記事

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/195657/42974326

この記事へのトラックバック一覧です: ハワイの旅21 ハウツリーラナイでの昼食会:

« 野岩鉄道・会津鉄道・JR只見線 日帰り鉄 7 | トップページ | (番外)オバマ時期アメリカ大統領がカイルアビーチに »