« 平日のスキーを楽しむ | トップページ | オレゴン健康科学大学訪問記2008 (13) クリニック機能を失った Emma Jones Hall »

2009年4月 1日 (水)

オレゴン健康科学大学訪問記2008 (12) 荒野を行く

2008年12月9日(火)

 時刻は11時少し前。クラマスフォールズ Klamath Falls の Cascade East Family Practice の見学を終えた我々は、ポートランド Portland への帰途につきました。何しろ最短でも280マイル=450kmあります。どのルートを経由しても必ず Cascade 山脈を越える事になり、積雪が心配です。夕暮れ前に峠を越える方が無難でしょう。せっかく Klamath Falls まで来ましたが、市街地に立ち寄ること無く97号線 Dalles CaliforniaHighway で北を目指します。

Img_4087Img_4088 97号線はオレゴン州中部を南北に貫く幹線道路ですが、沿線の人口はあまり多くないので、交通量もそれなりです。Upper Klamath Lake を左手に見ながら、道路は乾燥した荒野を貫いていきます。左手に線路も並走しています。Amtrak のホームページを見てみると、旅客列車としては Coast Starlight 号が1日1往復だけ走っており、Portland - Klamath Falls 間は約7時間30分かかっています。右手の山はなだらかですが、木はあまり生えておらず、土肌が露出しています。

Img_4092 湖の対岸には、Cascade 山脈の山々が姿を見せています。一際目立つピークは、地図で見るとAspen Butte のようです。

Img_4094  Ben が、是非とも Crater Lake を見せてあげたいと言い、途中で左折して62号線 Crater Lake Highway に入りました。幹線からはずれたので交通量も極端に少なくなり、すれ違う車も殆どありません。道路は大平原を真っ直ぐに突き進んでいきます。

 Crater Lake は、巨大なカルデラ湖です。地図で見ると直径は10kmぐらいありそうです。外輪山の標高は7000-8000フィートもあるそうです。季節は12月。車のタイヤはノーマル。チェーン無し。大丈夫でしょうか…。Klamath Agency 、Fort Klamath と小さな集落を抜けると、道は林の中へ。日陰になった路面には早速積雪が現れました。こんな麓から雪が積もっているのでは外輪山に登るのは無理でしょう。Ben は残念がっていましたが、安全第一で引き返す事に決定しました。

Img_4096 97号線まで戻る途中の View Point があったので車を停めます。案内図と照らし合わせると、この写真に写っている山並みの、目立つ二つのピークが外輪山で、その間が全部 Crater Lake のようです。いやあ確かにでかい。

 正午を過ぎました。97号線を更に北上。Klamath Falls 以降大きな町は皆無なので、昼食にもありつけずにいました。Chemult という小さな町に差しかかりました。たいした店が無いので通過…しかかりましたが、地図を見るとこの先は峠の向こう側まで町は無く、下手すると2時間ぐらい食べられないかも。という事で、引き返して昼食を確保する事にしました。ガソリンスタンド併設のコンビニ+サンドイッチショップ Subway があったのでそこに立ち寄る事にしました。念のためここでタイヤチェーンも購入しました。(帰国後に調べると Chemult は Amtrak の Coast Starlight 号の Springfield - Klamthfalls 間約170マイルの唯一の停車駅でした。つまりここより大きな町は途中に無いという事になります。)

Img_4097 Chemult から約8マイル。左手に分岐する 58号線 Willamette Highway へ進みます。どんどん標高が上がり、周囲は雪景色になりますが、幸い路面はほぼドライ。チェーンの出番はありませんでした。峠を越えると、雪は消えてしまい、12月のオレゴン州らしからぬ青空が広がっていました。途中見かけたスキー場も雪が少なくてまだ営業できていない様子。Willamette Highway の名が示す通り、このあたりは Portland 市街を流れる Willamette 川の源流域になります。緑の濃い豊かな山並みです。

 平地に出た所が Springfield。久々の都市です。マクドナルドで小休止。ここから Portland までは110マイル。再び私がハンドルを握ります。オレゴン州北部の I-5 は平坦で真っ直ぐですが、交通量は多く、州都 Salem から先は片側3車線になります。周囲は暗くなり、夕方のラッシュアワーのためどんどん交通量が増え、いよいよ渋滞に巻き込まれました。Ben のナビゲーションでフリーウェイを降り、ポートランド市街地へと進み、無事に Marriott ホテルに帰着する事ができました。皆さん2日間の長距離ドライブお疲れ様でした。

|

« 平日のスキーを楽しむ | トップページ | オレゴン健康科学大学訪問記2008 (13) クリニック機能を失った Emma Jones Hall »

オレゴン健康科学大学訪問記2008」カテゴリの記事

医療」カテゴリの記事

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/195657/44165424

この記事へのトラックバック一覧です: オレゴン健康科学大学訪問記2008 (12) 荒野を行く:

« 平日のスキーを楽しむ | トップページ | オレゴン健康科学大学訪問記2008 (13) クリニック機能を失った Emma Jones Hall »