« シトロエンC4ピカソの床にパーツが落ちていた | トップページ | シトロエンC4ピカソ 6EGSとのつきあい方 »

2009年6月 6日 (土)

シトロエンC4ピカソ ガラスルーフのシェードが閉まらない

 先日はパーツ脱落でしたが、今日はガラスルーフのシェードが動かなくなっていました。全閉状態ならまだしも、前開状態のまま。これからの夏場、かんかん照りの中、ガラスルーフ全開では、2列目センターに設置したチャイルドシートに鎮座している我が家の赤ちゃんは脱水状態になる事間違いなし。おまけに今週末は引っ越しの真っ最中で、50kmも離れたディーラーまで行く暇はありません。
 困った時はまずマニュアルを読む事です。最初に疑ったのはヒューズ切れ。マニュアルで確認するとガラスルーフのヒューズは前ドアのパワーウインドウのヒューズと兼ねています。パワーウインドウの動作は全く問題無いので、ヒューズ切れは否定されました。
 次に試したのはガラスルーフの操作スイッチのリセット。イグニッションをオンにして、全閉位置にスイッチを回し、2秒間上に押し込みます。これでリセットされるはずですが…駄目です。リモコンキーの施錠ボタンを長押しするとシェードが閉じるはずですが、これも動作しませんでした。
 ディーラーの方にも電話で相談しながらあれやこれや試してみますが、うんともすんとも動きません。しかし車両コンピュータのエラー履歴を見ても no fault との事で故障は検知されていないようです。車両コンピュータのプログラムがバグっている雰囲気がしてきました。
 最後の手段です。ボンネットを開けて、バッテリーのマイナス端子を外してみました。(何故かこの車はマイナス端子から2本電線が出ています。)しばらく待って再度接続。祈るような気持ちでガラスルーフのスイッチを操作したら、無事動きました。やった、よかった。時計の時刻設定をやり直して作業完了です。なおバッテリーをはずしても、トリップメーター、燃費計、Bluetoothのペアリング情報などは消えていませんでした。(長時間はずした場合はどうなるかわかりませんが…。)
 そんなわけで、我が家のピカソ君、最近フランス車らしさが全開です。まあ、好意的に言えば、保障がきくうちに不具合が出尽くしてくれた方がありがたいわけです。

|

« シトロエンC4ピカソの床にパーツが落ちていた | トップページ | シトロエンC4ピカソ 6EGSとのつきあい方 »

くるま履歴書」カテゴリの記事

コメント

はじめまして、
今回、ムルティプラからピカソ2012に乗り換えで納車前なのでセミATのことやいろいろこちらで勉強になりました。他国の観察日記もとてもおもしろいですね。

投稿: ♪chiharu | 2014年3月19日 (水) 08時16分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/195657/45256973

この記事へのトラックバック一覧です: シトロエンC4ピカソ ガラスルーフのシェードが閉まらない:

« シトロエンC4ピカソの床にパーツが落ちていた | トップページ | シトロエンC4ピカソ 6EGSとのつきあい方 »