« 伊東市議会で市立伊東市民病院の指定管理者が議決 | トップページ | 湊病院問題 医療機器業者7社が見積りに未対応 »

2009年12月12日 (土)

メキシカンカリブとニューヨークの旅16 プエルト・モレロスでのシュノーケリング1

2009年10月7日(水)

Sany0145  カンクンに到着してから約40時間で、初めてまともに見るカリブ海(^-^; 真っ白な砂浜と、青い海のコントラストがあまりにも美しい。

Sany0101 とりあえずレストランのテーブルの所に集合。まず、国立公園入場料を支払った証明となるリストバンドが配られ、各々手首に巻く。次にシュノーケリングのゴーグル、シュノーケル、フィン、ライフジャケットが配られる。試験装着してサイズを確かめる。最後にこれからの予定についての説明がある。シュノーケリング中のライフジャケットの着用は mandatory (強制的) だそうだ。履物はここで預かってくれる。

 準備が整ったらビーチに向かおう。今日は人数が多いため(といっても12名だが)、ボート2艘に分乗する。白人カップル2組4名が小さなボートに乗 り、我々はフィリピン出身でカルフォルニア在住の元気な家族6人連れとやや大きなボートに乗る。荷物は濡れないようにボートの床下の収納庫に入れてくれる。

 午前10時20分、沖合600mのバリアリーフに向けて出発。離れていく海岸の風景も実に美しい。操縦者はボートをわざと蛇行させて乗客を楽しませてくれる。10分ほどで最初のポイントに到着。周囲には数える程のボートしかおらず、ゆったりとシュノーケリングを楽しむ事ができそうだ。海の透明度も素晴らしい。期待通りの穴場スポットだ。

|

« 伊東市議会で市立伊東市民病院の指定管理者が議決 | トップページ | 湊病院問題 医療機器業者7社が見積りに未対応 »

メキシカンカリブとニューヨークの旅」カテゴリの記事

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

カリブ海って…なんだろう…?

投稿: BlogPetのかぶりん | 2009年12月31日 (木) 15時12分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/195657/46728073

この記事へのトラックバック一覧です: メキシカンカリブとニューヨークの旅16 プエルト・モレロスでのシュノーケリング1:

« 伊東市議会で市立伊東市民病院の指定管理者が議決 | トップページ | 湊病院問題 医療機器業者7社が見積りに未対応 »