« メキシカンカリブとニューヨークの旅15 プエルト・モレロスへ向かう | トップページ | 伊東市議会で市立伊東市民病院の指定管理者が議決 »

2009年12月 9日 (水)

エアーナビ 通信モジュールが壊れた

 数週間前からパイオニア エアーナビ AVIC-T10 で通信ができなくなりました。スマートループ渋滞情報も取れなくなり、ナビポータルも使えない。通信機能が使えないエアーナビなんてクリープを入れないコーヒー (古) みたいな物。
 機器の接続状況を確認すると通信モジュールは認識されているものの、アンテナ感度が「圏外」となっています。
 トラブルシューティング開始。①電源長押し→再投入→ダメ。②リセットボタン押して再起動→ダメ。③電池パック外す→ダメ。④通信モジュール抜き差し→抜き差しをきちんと認識 →でも通信ダメ。⑤通信モジュールのSIMを抜く→SIMが入っていないと表示される ⑥通信モジュールにSIMを再挿入→やっぱり通信できず。
 ここまでやって解決しないので、ほぼ通信モジュールの故障と考えられました。エアーナビコンタクトセンターに電話したら、修理に出す前に、通信契約の状況を再確認する事、初期化を試みる事 との指示。
 通信契約状況を確認すると、問題無し。
 初期化…、エアーナビにはデータバックアップの機能がありません。初期化したら、また一から登録地データやら、機能設定やら、Bluetoothがらみの設定をやり直さなければいけません。通信が使えれば登録地をナビフォルダにアップロードできるのですが、通信が使えないので仕方ありません。
 意を決して、「工場出荷状態に初期化」を実行。システムがV1.00に戻ってしまったらどうしよう…。またバージョンアップ作業やらなきゃいけないの…。
 再起動。システムV2.00で起動。良かった。通信サービス…接続できず。やっぱりね。初期化して損した。(+_+)
 結局修理に出すことに。案の定、通信モジュールの交換となりました。修理代金は送料のみとなったのがせめてもの救い。昨日工場から無事戻ってきました。
 今回のトラブルに懲りて、登録地は全てナビフォルダにアップロードしておく事にしました。これで次回初期化を要求された時には、一括ダウンロードで登録地の再登録が可能になります。

|

« メキシカンカリブとニューヨークの旅15 プエルト・モレロスへ向かう | トップページ | 伊東市議会で市立伊東市民病院の指定管理者が議決 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

趣味」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/195657/46979336

この記事へのトラックバック一覧です: エアーナビ 通信モジュールが壊れた:

« メキシカンカリブとニューヨークの旅15 プエルト・モレロスへ向かう | トップページ | 伊東市議会で市立伊東市民病院の指定管理者が議決 »