« メキシカンカリブとニューヨークの旅24 さらばカリブ海 | トップページ | 地球サポーター マラウイ編が楽しみ »

2010年1月 9日 (土)

上河津診療所 間もなく開所

    連休明けの平成22年1月12日から、上河津診療所の診療が始まります。本日1月9日にはリハーサルが行われました。

 地域医療振興協会にとっては昨年12月に公益法人となってから最初の新規開設施設となります。また静岡県伊豆半島の南半を占める賀茂地区内で4つ目のへき地診療所となります。所長には共立湊病院の梅田副院長が就任します。

 河津町山あいの湯ヶ野地区で唯一の医療機関であった稲葉医院の院長先生が昨年急逝され、同院は休止となってしまいました。地元の方は他地区の医療機関への通院を余儀なくされていました。この度河津町からの要請を受け、稲葉家のご協力を得て、旧稲葉医院の土地と建物をお借りして、週2回(火・金曜日)での診療を開始します。

 当初は診療日数も限られ、担当医も交替制のため、医療機関としてははなはだ不十分な形です。細い谷筋に沿って樹枝状に広がるこの地域の医療にどれだけ貢献できるかわかりませんが、まずはできる範囲で頑張りたいと思います。近い将来の移転・新築・常設化の計画も進められています。

Sany0473Sany0474写真①② 診療所前の国道414号線。近年整備されて道幅が広くなりました。診療所への入口は「天国は永遠の命 地獄は火の海」の看板が目印、じゃなかった、その下の白い標識が目印です。車がやっと通れる急坂を20m程登った所にあります。足腰の弱い人にはちょっと大変なロケーションです。

Sany0478写真③ 受付、待合室など、基本的には稲葉医院さんの施設をそのまま利用させていただいています。

 建物は2階建てになっており、2階は一室だけを点滴ベッドとして利用する事にしています。

写真Sany0475Sany0477⑤医療機器については心電計など利用可能なものはそのまま使わせていただきました。

 電子カルテ、インターネット接続環境、胃カメラ、超音波診断装置(腹部・心臓・体表)、AEDなどを新たに整備しました。これまでレントゲン室だった場所が超音波・内視鏡検査室になりました。

 12日は午前9時から簡単な開院セレモニーが予定されています。地元テレビ局の取材も入る予定との事です。

|

« メキシカンカリブとニューヨークの旅24 さらばカリブ海 | トップページ | 地球サポーター マラウイ編が楽しみ »

医療」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/195657/47245371

この記事へのトラックバック一覧です: 上河津診療所 間もなく開所:

« メキシカンカリブとニューヨークの旅24 さらばカリブ海 | トップページ | 地球サポーター マラウイ編が楽しみ »