« メキシカンカリブとニューヨークの旅23 まさにパラダイス コントイ島のビーチ | トップページ | メキシカンカリブとニューヨークの旅24 さらばカリブ海 »

2010年1月 6日 (水)

湊病院問題 下田新年賀詞交歓会の記事から

 正月明けで、まだまだ新しい動きは把握できていません。暇ネタを一つご紹介します。

 1月6日の伊豆新聞に、1月4日に開かれた、下田市・下田商工会議所・下田市観光協会・伊豆太陽農協・伊豆漁協の主催する新年賀詞交歓会のニュースが載っていました。

 湊病院問題がらみの記載は以下の二つです。

①下田市長さんがあいさつの中で、「順調に進んできた病院問題が暮れになって振り出しに戻り、とてものんびり正月気分とはいかなかったと、厳しい実情を訴えた。」との事。

②来賓として招かれた、森、鳥澤両県議に関して、「最後は両者とも地域の最大課題となる病院問題と伊豆縦貫道の促進に関して"協力体制"を約束した。特に病院に関しては川勝平太知事も理解を示し、災害拠点病院に準ずる位置づけの中で、交付金確保に前向きといい、」と記載されていました。

 うーん。

 ①正月気分が吹き飛んでしまったのはかわいそうでしたが、本当に「病院問題」は順調に進んでいたのでしょうか。崩れるべくして崩れたのではないか。まあ予想していたよりもちょっと早かったけど…というのが、私やこのブログの読者の方々の多数意見だと思っています。

 ②そして政治はやっぱり、「マネー」と「ハード」の話しが先行するのだなあと再認識。「ソフト」の話しにはなかなか成りにくいのですね。

|

« メキシカンカリブとニューヨークの旅23 まさにパラダイス コントイ島のビーチ | トップページ | メキシカンカリブとニューヨークの旅24 さらばカリブ海 »

医療」カテゴリの記事

湊病院問題」カテゴリの記事

コメント

聖勝会って、たとえ診療所であっても下田で診療中の法人ですよね。とすると当然、医療機器屋とかと付き合いがあるはず。だったら普通に考えて、聖勝会から声を掛けなくても、医療機器屋の方から「お願いします」って言い寄って来るはずです。「医療機器屋から見積もりが出て来ないから降りる」というのは、ちょっと(というか相当)変ですね。

投稿: 某医療関係者 | 2010年1月 6日 (水) 22時06分

某医療関係者さん コメントありがとうございます。
 相当変と思われる事も、度重なると段々驚かなくなってきます。むしろ今ではまともな話が出てくる方がびっくりするかもしれません。(^-^;
 さて、見積りを依頼したとされる医療機器とは何なのか。一言で医療機器と言っても数百円のものから、億単位のものまでいろいろです。聖勝会さん自体がまだ一部事務組合と指定管理の協定を結んでおらず、新病院開設予定日まで2年以上あり、かつ設計・施工業者さえ決まっていない状況で、一体どんな医療機器の見積りが、どんな目的のために必要だったのだろうかというのが、大変不思議な点です。ちなみに現病院の100万円以上?の医療機器は一部事務組合の財産なので、そのまま新しい指定管理者が使用できるのです。

投稿: きのじゅん | 2010年1月 7日 (木) 13時05分

こんにちは。
暇ネタといえば、共立湊病院で撮影が行われた江口洋介主演のTVドラマ「救命病棟24時」が1月3日放送されてましたね。共立湊病院の設定はなんと「財政破綻で閉院した病院」でした!長崎県という設定でしたが、「町で唯一の病院を失った住民たちは、一番近い医療機関まで車で2時間半も走らなければならない」と。まさに未来の共立湊病院か!?と思わせる設定でした。進藤先生(江口洋介)が海南医大救命救急センターを辞めて、湊病院?!へ赴任してくれる、というところでドラマは終了。果たして本物の共立湊病院には進藤先生は来てくれるのでしょうか?残念ながら聖マリの救急の先生は来ないことになりましたが。

投稿: 南伊豆住民です | 2010年1月 7日 (木) 22時26分

南伊豆住民です さん、コメントありがとうございます。
 1月3日はNHKの「ダーウィンが来た」のカピバラ編はしっかり録画したのですが、救命病棟24時は見そびれました。まるで、関係者が原案を提供したかのような、まさに洒落に成らないストーリーだったのですね。
 1月第一週は何の動きも報道されないまま終わってしまいました。"第2候補"の訪問はどうなったのか。来週は何か動きがあるでしょうか。

投稿: きのじゅん | 2010年1月 9日 (土) 21時31分

トピずれですが・・・

平成21年の下田消防の救急搬送件数
総出動     1885
うち湊病院搬送 1522
約80%強になってますね

投稿: トック | 2010年1月13日 (水) 08時36分

来年には,
酒を飲みすぎて呼んだ救急車も,
夜になって不安になって呼んでしまった救急車も,
軽いけがだけど念のための救急車も,
みんな山を越えた病院まで行ってしまうのですね.

片道約2時間とのこと,往復4時間救急車はいなくなって,その次の患者は,遠くから応援に来る救急車を待つこと30分,そしてそれも山を越えていく・・・

山を越えた病院は,単純計算で例年+1500件救急搬送が増えるのですね.事実上,受け入れ拒否されてもおかしくないですね.受け入れ拒否が,自分や自分の家族でないことを祈るばかりです.

そして救急車で搬送された一人暮らしの高齢者は,夜中に山を越えた病院からどうやって帰ってくるのでしょう.

投稿: | 2010年1月13日 (水) 16時27分

トックさん、匿名 さんコメントありがとうございます。
 そうですね。湊病院が消滅したら、救急車の行き先は近い順で行くと西伊豆病院、伊豆東部総合病院、伊東市民病院、伊豆赤十字病院、そして順天堂静岡病院といったあたりになるでしょうか。ご指摘の通り、救急車が出払ってしまう事態が増える懸念が有りますから、救急隊も人員を増やし、救急車も増やして対応していただく必要があるでしょうね。下田と南伊豆で合計3隊の救急隊を増やすと、3台の救急車と(週3日の勤務として)21名の隊員が必要でしょうから、その経費だけで病院の減価償却費以上の出費になりそうです。
 どっちが得か良く考えてみよう~。
 病院に搬送された帰りはタクシー利用になるでしょう。西伊豆のタクシーは深夜は営業していませんので、身内や知り合いを呼び出すのか、病院の待合室で朝まで過ごす事になるのでしょうか。昔下田から西伊豆まで夜タクシーで帰るとき1万2000円ぐらいかかった記憶があります。伊豆長岡からだとタクシー代だけで2万円の出費を覚悟しなくてはいけませんね。

投稿: きのじゅん | 2010年1月13日 (水) 23時27分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/195657/47220323

この記事へのトラックバック一覧です: 湊病院問題 下田新年賀詞交歓会の記事から:

« メキシカンカリブとニューヨークの旅23 まさにパラダイス コントイ島のビーチ | トップページ | メキシカンカリブとニューヨークの旅24 さらばカリブ海 »