« 上河津診療所近況 | トップページ | 湊病院問題 伊豆新聞2月25日の記事 東伊豆町議会と下田消防定例会から救急搬送について »

2010年2月24日 (水)

伊豆大島一泊の旅02 乗合観光バスで駆け足観光 リス村

2010年2月13日(土)

 伊東港を離れたボーイング929は加速して浮上航行に入ります。飛行機のようにテイクオフと言うようですが、乗っている限りは浮上の瞬間は全くわかりませんでした。海はやや荒れていますが、船体の揺れは少なく快適な乗り心地です。途中の海域では大型海洋生物との衝突危険水域との事でやや減速して航 行。運がいいとイルカとの併走が見られるとか。1歳3カ月の我が娘にとっては初めて乗る船。窓から海を飽きることなく熱心に見ています。

 定刻から25分ほど遅れて9時55分に伊豆大島に到着。あっと言う間です。大島の中心地は西海岸にある元町地区ですが、本日は島の北部にある岡田港が発着港。大島を始め伊豆諸島のいくつかの島では、風向きによって港を使い分けているそうです。

 下船すると桟橋には宿泊施設やレンタカー会社の係の方が待機しています。我々も着替えなどの入ったカバンとベビーカーをホテルの方に預け身軽になります。次に待合所の中のバス案内所に行き、観光バスの引換券をバス券(リス村入園券と昼食券付き)に交換してもらいます。予定より遅れているので、乗合観光バスはすぐに出発です。岡田港は断崖の下にあり、あまり平地部分が広くありません。港のメイン道路も一方通行になっています。急な上り坂を上がった所に信号機。運転手さん「大島にも信号はあるんですよ。」とのアナウンスで笑いを取ります。

 道路にはセンターラインがあるのですが、路側帯も含めて道幅は明らかに狭く、バスは対向車線にはみ出しています。カーブも多く、大型車同士のすれ違いで強めのブレーキを踏む場面も時々ありヒヤヒヤします。道の両脇は緑が濃く、木々がうっそうと生い茂っています。伊豆半島の植生とも若干異なる印象を持ちました。

Sany0506  最初に訪れたのは椿花ガーデン・リス村。10時30分に到着。出発は11時との事で見学時間は僅か30分です。ホームページを見ると結構いろいろ楽しめそうな所ですが…生憎の雨で寒いこと寒いこと。バスを降りた集団とは行動を別にして早速リスの放し飼いエリアに向かいます。Sany0516 入口でひまわりの種(100円)を購入。布製の手袋も渡され、必ず手袋の上に餌を置くように注意されます。素手だと引っかかれたり、かまれたりするからです。全身ネズミ色のクリハラリスたち、餌を持っている人の体をすごい勢いでよじ登ってきます。

 この他にも、ウサギなどの小動物が飼育されている他、椿園やゴーカート場もあるそうです。暖かい季節の、天気の良い日にのんびりと訪れるともっと楽しいかもしれませんね。

|

« 上河津診療所近況 | トップページ | 湊病院問題 伊豆新聞2月25日の記事 東伊豆町議会と下田消防定例会から救急搬送について »

伊豆大島一泊の旅」カテゴリの記事

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/195657/47609197

この記事へのトラックバック一覧です: 伊豆大島一泊の旅02 乗合観光バスで駆け足観光 リス村:

« 上河津診療所近況 | トップページ | 湊病院問題 伊豆新聞2月25日の記事 東伊豆町議会と下田消防定例会から救急搬送について »