« 湊病院問題 下田市議3名の組合職員措置請求結果 損害賠償については門前払い | トップページ | 湊病院問題 伊豆新聞9月10日記事 下田市議会一般質問・鳥沢県議の要望書 »

2010年9月 7日 (火)

湊病院問題 正副管理者がつなぎの指定管理をJMAに要望

 9月7日伊豆新聞記事からの情報です。

  • 9月6日までに、共立湊病院組合管理者(南伊豆町長)副管理者(下田市長)がジャパンメディカルアライアンス(JMA)本部に杉原理事長を訪ね、来年4月から平成24年5月の新病院開院までの暫定期間の指定管理を要請した。
  • JMAは9月中に理事会に諮り、10月初旬に回答する旨を伝えた。
  • JMAが受託した場合は、新病院の協定(利用料金制)とは別に新たな協定(代行制)を交わし、再度組合議会の議決が必要。

----------
 ここから先は個人的感想です。
 10月初旬に回答とのことでJMAさんも1ヶ月の時間猶予が必要なようです。新病院開院時もスタッフ確保の関係でまずは50床でオープンする計画なのですから、仮に現病院をつなぎ運営するとしても、50床以下の規模になるのではないかという気がします。組合にとっては病床数が減ると国からの補助金(交付税)が減るので、150床を維持して欲しいのでしょうけれど…。
 JMAさんも大変です。もし継続となれば10月初旬に結論を出してから、数カ月の準備期間しか無いのです。以前にも書きましたがスタッフの一部(特に幹部職員)は、来年3月よりも以前から現病院に入っていないとスムーズな移行ができません。
 どのような結論と成るにしても、さすがにもうこれがラストチャンスでしょう。

|

« 湊病院問題 下田市議3名の組合職員措置請求結果 損害賠償については門前払い | トップページ | 湊病院問題 伊豆新聞9月10日記事 下田市議会一般質問・鳥沢県議の要望書 »

医療」カテゴリの記事

湊病院問題」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/195657/49378481

この記事へのトラックバック一覧です: 湊病院問題 正副管理者がつなぎの指定管理をJMAに要望:

« 湊病院問題 下田市議3名の組合職員措置請求結果 損害賠償については門前払い | トップページ | 湊病院問題 伊豆新聞9月10日記事 下田市議会一般質問・鳥沢県議の要望書 »