« 湊病院問題 下田市議・沢登英信氏の新聞第2号 | トップページ | 平成23年2月15日の河津桜 +α »

2011年2月14日 (月)

伊豆高原駅 100系電車と ONE TWO NINE

 2月5日午後、伊東市八幡野で1時間ほど時間をつぶす必要ができたので、娘と二人伊豆高原駅に行ってみました。伊豆急の伊豆高原駅には高原口と八幡野口の2カ所の出入り口があり、今回は八幡野口前の駐車場に車を停めました。駐車料金は1時間までは無料なので、時間潰しにちょうど良いのです。

 駅舎にはショッピングモール やまもプラザが併設されており、八幡野口からはモールの中を抜けて改札に向かう形になります。空き店舗が目立つところに寂しさを感じます。春節の最中のため、中国人観光客の姿を多く見かけました。駅前の足湯はちょうど16時で終わる所でした。

1001  八幡野口があるのが地下1階、改札と高原口があるのが1階になります。今まで何度か来ていても気がついていなかったのですが、2階もあったのですね。階段を上がって左に進むと、レストランがあり。その前を過ぎると、左側に空き店舗(確かにこの場所では商売にならない…)。扉を開けて屋外に出ると、その先には展望台があります。展望台からは、伊豆高原駅と併設の車両基地の様子が良く見えます。(本当は海や伊豆諸島、大室山を見るための施設なのでしょうけれど…。) 

1002  駅の方を眺めていたら、旧型の100系電車が走ってきました。あいにくカメラを持ち歩いておらず、携帯電話で慌てて撮影。

 100系は50年前の伊豆急行開業当初から活躍していた車両です。100系の走行を見るのは約10年ぶり。2002年に営業運転から引退したあと、1両だけが入れ替え用に残されているのです。走行シーンを見られたのはラッキーでした。まだしばらくは現役で頑張ってくれるでしょうか。

 建物に戻り、階段の反対側に行くと、そこは伊豆急の資料展示室 ONE TWO NINE になっています。(1 2 9 = いずきゅう) 入場は無料なのですが、ほかにお客さんもおらず、のんびりと見学できました。いろいろな鉄道用具が展示されている他、伊豆急の運転席から撮影した映像のDVDが流されたりしていました。

 しかし何よりも目を引いたのは、建設中や開業当時(ちょうど50年前)の各駅の様子を写した写真です。河津駅は田んぼの真ん中に駅だけがある状態。伊豆急下田駅前にも何も建物は無く、北側の俯瞰写真でも田んぼばかりです。線路の建設が行われる前の現南伊東駅前付近の写真も展示されていました。

 不況と人口減少で寂しくなったとは言え、50年前と比べたら、伊豆の東側は伊豆急とともにものすごく発展したのだなあと改めて実感したのです。

|

« 湊病院問題 下田市議・沢登英信氏の新聞第2号 | トップページ | 平成23年2月15日の河津桜 +α »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

スキーに鉄道に車ネタ…
趣味が非常に似ているので、医療ネタは敢えてコメントを避けていますが、こちらのネタでコメントを入れさせていただきますね(o^-^o)
おおーw(゚o゚)w
クモハ103はまだ健在だったんですね。
私が高校生の(今で言う「撮り鉄」だった)頃、急行銀河に乗るために、下田発最終に乗ると、この車両が良く単行で走っていたものでした。
その当時は、単行なのに運転手と車掌の2人が乗務していましたが…
今の8000系は3両1ユニットなので、3両でもワンマン運転しているところを見ると、かなり経営的に厳しいのでしょうね。
その昔はED25が伊豆高原駅の南にある引き込み線に良く停まっていて、時々、入れ替え作業をしていましたが…
ED25を見なくなったと思ったら、クモハ103がED25の後継ぎをしたみたいですね。

投稿: Ton-chan | 2011年2月14日 (月) 21時33分

Ton-chan さん、コメントを有難うございます。
 クモハ103の走行を見ることができたのはかなり貴重だったようですね。おっ、走ってる!と思わず見てしまいました。100系全盛のころはひと編成内に仕様が異なる車両が混在していて面白かったですが、今はほぼ車種統一されてしまいました。
 先日伊豆急下田から伊東行きの最終に乗車しましたが、乗客は終始10名以下でした。通勤時間帯でも伊豆高原以南は3両に落とされる列車もあり、地元客だけの需要ではなかなか厳しいのを実感しますが、頑張って欲しいものです。

投稿: きのじゅん | 2011年2月16日 (水) 08時30分

クモハ103の走行しているところをみられたのは、とても運が良いと思いますよ!
ましては、単行ですし…
気動車では単行している姿はよく見られますが、電車は制御機器が床下に納まらないので、通常2~3両1ユニットで組まれています。ですので、クモハ103は非常に貴重な車両だと思いますよ。
伊豆急サンにはがんばって、動態保存していただきたいと思っています。
小生、4月より茨城に転勤することになりましたので、ひたちなか海浜鉄道のレトロ車両や水郡線、磐越線のSL、冬場にはハンターMt.や磐梯方面へのスキー遠征を楽しみにしているところです。

ここの板で書くことではないかとは思いますが…
4月以降の診療体制が、職員不足を理由に、年末に新聞等で発表された内容の半分になるとの噂を小耳に挟みました…

アッ(*´v゚*)ゞ
書かないと言いながら、医療ネタを書いちゃった(^-^;

投稿: Ton-chan | 2011年2月17日 (木) 19時09分

Ton-chan さん、コメントをありがとうございます。
 伊豆急100系に両運転台車があった事を知らなかったので、先日単行で走行している所をみてギョッとしました。JR東日本の123系とか、JR西日本の125系などの例はありますが、路面電車以外で単行運転可能な電車は珍しいですよね。123系は一時期身延線でも使われていました。
 東海村に診療支援に行くとき勝田駅で ひたちなか海浜鉄道湊線の旧車たちを見かけて、乗りたいなあと思いながら未だ果たせていません。是非乗ってきてください。
http://www.hitachinaka-rail.co.jp/htdocs/index.php?action=pages_view_main&page_id=21

投稿: きのじゅん | 2011年2月18日 (金) 00時32分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/195657/50801724

この記事へのトラックバック一覧です: 伊豆高原駅 100系電車と ONE TWO NINE:

« 湊病院問題 下田市議・沢登英信氏の新聞第2号 | トップページ | 平成23年2月15日の河津桜 +α »