« 平成23年2月22日の河津桜(上河津) | トップページ | 仕分け人をめぐって疑惑の献金? »

2011年2月23日 (水)

ダーゼン 退場

  • タンパク質を経口摂取すると、アミノ酸に分解されて吸収されます。
  • 酵素とは、化学反応における触媒の役割を果たしている分子で、その多くはタンパク質です。
  • タンパク質である酵素を経口摂取すると、当然アミノ酸に分解されて吸収されると思われます。

 日本では消炎酵素製剤という薬が売られています。化学の知識で考えれば、経口的に内服しても理論的に効く筈が無いとわかりそうな物なのに…。

 その代表格で2009年度に67億円もの売り上げがあったお薬が、今回、自社の試験で効果が認められなかったとして、40年目にして、自主的に市場から退場する事になりました。めでたしめでたし。

 この薬の添付文書には、内服すると血中濃度が上昇すると書かれていますが、どうやって吸収されるのか、どのMRさんに聞いても教えてくれませんでした。また添付文書には「本剤の体内での作用機序はなお解明されていない点も多く、また、用量・効果の関係も必ずしも明らかにされていない。従って漫然と投与すべきでない。」^ ^; とも書かれています。「漫然と認可すべきでは無い。」の間違いだろうと思っていました。

 同様にタンパク質であるコラーゲン(=ゼラチン)の経口摂取にも,栄養摂取以外の意味は無いと思うのですが、一流企業もこぞって商売のネタにしていますし、メディアもその後押しをしています。やれやれです。

|

« 平成23年2月22日の河津桜(上河津) | トップページ | 仕分け人をめぐって疑惑の献金? »

医療」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/195657/50945799

この記事へのトラックバック一覧です: ダーゼン 退場:

« 平成23年2月22日の河津桜(上河津) | トップページ | 仕分け人をめぐって疑惑の献金? »