« 女川町医療支援活動報告14 家庭訪問ローラー作戦3 | トップページ | 伊東市民病院ホームページに女川公立病院支援活動報告掲載 »

2011年5月 3日 (火)

湊病院問題 今後のスタンスについて

 日頃は、当ブログにアクセスをいただきありがとうございます。皆様の支えにより、やってこれたと実感しております。
 平成20年2月、地域医療振興協会の共立湊病院「撤退報道」に私もびっくりしましたが、その後関係者から事情を聞き、問題の本質がきちんと報道されていないとの認識を持ちました。恣意的な情報操作では無いか、地域医療を守るために日々頑張っている方々に対する不当なバッシングでは無いかと感じたのが、ブログでこの問題を取り上げ始めたきっかけです。
 それから3年の月日が経ち、その間個人的にも色々ありましたが^^; 、共立湊病院の指定管理者はこの4月から静岡メディカルアライアンスに交代となり、地域医療振興協会は伊豆下田病院の急性期化、そして河津町今井浜への新築移転という展開になりました。
 ご存じの通り私は地域医療振興協会の職員です。賀茂郡内で競合する病院を経営する法人の関係者として、共立湊病院(SMA)について批評を行う事については非常に微妙な問題が生じる事になりました。そのため、今後共立湊病院(SMA)に関しての記載は、報道や公的に公開された情報を淡々とお伝えするというスタンスになるかと思います。
 一方、行政組織としての共立湊病院組合や、立法機関としての組合議会に関しては、引き続き報道、公文書などを通じて、理屈の通った批評を続けていきたいと思います。
 いずれにしましても、ブログ記事の記載内容については、根拠の乏しい噂話では無く、報道や公的に公開された情報に基づいて、論理的に論評していくという基本方針に変わりはありません。今後とも宜しくお願いいたします。

|

« 女川町医療支援活動報告14 家庭訪問ローラー作戦3 | トップページ | 伊東市民病院ホームページに女川公立病院支援活動報告掲載 »

医療」カテゴリの記事

湊病院問題」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/195657/51551895

この記事へのトラックバック一覧です: 湊病院問題 今後のスタンスについて:

« 女川町医療支援活動報告14 家庭訪問ローラー作戦3 | トップページ | 伊東市民病院ホームページに女川公立病院支援活動報告掲載 »