« 湊病院問題 「共立湊病院問題を真剣に考える会」が公開質問状 | トップページ | 女川町医療支援活動報告29 3回目の女川訪問 病院と町の様子 »

2011年6月23日 (木)

伊豆今井浜病院 敷地造成中

Sany1248 平成23年6月21日撮影です。 
 電車移動の待ち時間を利用して、伊豆今井浜病院の工事現場を訪れてみました。河津駅から一つ北の今井浜海岸駅の間は、20分程で歩く事ができます。
 1枚目、伊豆急今井浜駅前です。夏場は海水浴客で賑わう駅も、梅雨時とあって全く閑散としています。というか、駅員さん以外人の姿は全くありません。駅のプラットホームへは、階段で上がっていく形になります。スロープは無く、もろちんエレベータもありません。左側の道路は病院建設のために、町道認定を受けたとの事です。
 ちなみに駅から、今井浜海岸までは徒歩で5分程です。
Sany1249 2枚目、道路は伊豆急の線路をくぐって山側に繋がっていますが、すぐそこで行き止まりです。両脇には工事認可の看板が掲げられています。奥には重機の姿も見えます。
 現状のままだと駅から伊豆今井浜病院へ行くには、改札口から階段を降り、線路をくぐっていく必要があります。たいした距離ではありませんが、足腰の弱った方には、ちょっと辛い。そのため、改札口の前から、病院玄関までエレベータを設置した跨線橋を増設する計画になっています。
Sany1252 3枚目とSany12514枚目は今井浜海岸駅のホームから撮影しました。工事現場を眺めるには、駅のホームがベストポジションです。鉄道用地と、病院の敷地の間には簡単な柵が作られていますが、あまり高さは無く、現場の様子がよく見えます。

 とはいえ、今の所は敷地の造成工事が行われている段階。右手の山はだいぶ削られています。このあと法面の工事でしょうか。

 60床の病院の建物は線路側ぎりぎりに建てられます。富士箱根伊豆国立公園内のため、建築制限があります。建物は2階建てで、外壁の色もナチュラル系のブラウンになるそうです。来春の開院が待ち遠しいですね。

 それにしても、平日日中の伊豆急線の乗客は中高年の方が目立ちます。それも地元の人よりは旅行者が多いように見受けました。伊豆の経済を支えているのは、この世代の方々なんだなあと、改めて感じました。

|

« 湊病院問題 「共立湊病院問題を真剣に考える会」が公開質問状 | トップページ | 女川町医療支援活動報告29 3回目の女川訪問 病院と町の様子 »

医療」カテゴリの記事

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/195657/52016026

この記事へのトラックバック一覧です: 伊豆今井浜病院 敷地造成中:

« 湊病院問題 「共立湊病院問題を真剣に考える会」が公開質問状 | トップページ | 女川町医療支援活動報告29 3回目の女川訪問 病院と町の様子 »