« JR伊東線と伊豆急行線の直通運転が拡大 | トップページ | オペル ザフィーラ »

2011年7月17日 (日)

夏期臨床医学教育セミナー

 野口アラムナイ主催の、第3回夏期臨床医学教育セミナーに参加しています。16日昼から18日昼まで、しっかり勉強しております。アメリカの大学では普通に行われているが、日本の大学ではまだまだ普及していない、Problem Based Learning の手法に基づいた教育を体験してもらおうというセミナーです。参加者の多くは、海外医学留学を目指す学生さんたちや、研修医の皆さん。(私は残念ながら留学予定はありません。)女川支援でお会いした研修医の方も来ていました。指導医コースは8名の参加です。
 本日16日は指導医向けのセッションは無く、第1セッションは医学生向け、第2セッションは研修医向けのセッションにオブザーバーで入りました。せっかくのチャンスなので、それぞれ外国人講師による英語でのセッションを選びました。症例に則して、病歴や身体所見を中心に、鑑別診断を絞り込み、最終的に検査を経て確定診断に至るプロセスを、講師・参加者のinteractiveなディスカッションを交えて進めて行きます。講師も、日頃日本で医学教育に携わっている方々なので、英語も丁寧・ 明瞭に話して下さるので助かります。(ネイティブが集まってのディスカッションは、本当に厳しかった…。)
 ところで、この方法、参加者の基礎知識を要求します。実際オレゴン健康科学大学での授業を見学した時も、学生さんたちは自宅で相当時間をかけて予習して来ていました。
 学生セッションも研修医セッションも、きちんと楽しくディスカッションができていた、という事は、彼らのレベルが高いという事ですね。
 17日は指導医セッションが始まります。若い人たちに負けずに頑張ろう。^^

>>

|

« JR伊東線と伊豆急行線の直通運転が拡大 | トップページ | オペル ザフィーラ »

医療」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/195657/52224298

この記事へのトラックバック一覧です: 夏期臨床医学教育セミナー:

« JR伊東線と伊豆急行線の直通運転が拡大 | トップページ | オペル ザフィーラ »