« 湊病院問題 医療経営財務協会ホームページに組合議会の意見書が掲載される | トップページ | 三重県南部の医療を考える会 »

2011年9月12日 (月)

日本大学光が丘病院をめぐる怪記事

 もともと練馬区医師会立光が丘総合病院として昭和61年11月に開院。同院の経営破綻を受け、平成3年4月から日本大学が運営主体となり、日本大学医学部付属練馬光が丘病院となりましたが、経営困難を理由に平成24年3月末で、運営終了と発表。練馬区では平成24年4月からの病院運営主体を募集し、4団体が応募したと報じられました。その後2法人が辞退したことが報道されています。現在選定委員会が続いていて、9月16日に結果公表予定との事。
 サンケイの記事は、情報ソースが明記されておらず、通知されたとされる「関係者ら」も誰だかわからず。何だかとってもあやふやな書き方です。大新聞の新聞記事もこんなレベルで許されるのですね。
 どのような意図を持って書かれた記事なのかわかりませんが、事態を混乱させる方向に働いている事は間違いありません。マスコミの使い方のうまさには、見習うべき所があるようです。

[9月13日追記]

 この記事に「選考委や議会軽視との指摘も出そうだ。」と書かれています。つまり、記者の方は、自分が火種を蒔いて、そのように騒いで欲しいという事なのでしょうかね。正しくは「選考委」なのか「選定委員会」なのか、記者自体も混乱しているようです。

|

« 湊病院問題 医療経営財務協会ホームページに組合議会の意見書が掲載される | トップページ | 三重県南部の医療を考える会 »

医療」カテゴリの記事

コメント

なんだか、湊病院問題と似てきている気がします・・・
立場は逆ですけどw

投稿: トク | 2011年9月15日 (木) 13時35分

トクさん、コメントありがとうございます。
 日大の継続を求める運動も起こっているようですね。今回の日大撤退決定は、病院の方々にも区民にとっても、区議会議員にとっても寝耳に水の話しであったようです。今になって色々な議論が巻き起こっていますが、大変健全な事ですよね。

投稿: きのじゅん | 2011年9月16日 (金) 12時54分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/195657/52712676

この記事へのトラックバック一覧です: 日本大学光が丘病院をめぐる怪記事:

« 湊病院問題 医療経営財務協会ホームページに組合議会の意見書が掲載される | トップページ | 三重県南部の医療を考える会 »