« 東伊豆町の静和病院 廃院へ | トップページ | 石垣島の旅再び08 川平湾のグラスボート »

2011年10月20日 (木)

石垣島の旅再び07 新垣食堂とたなかさんとこと伊原間農園

平成23年9月23日(金・祝)
 のんびりしていたらもう昼近く。そろそろ出掛けましょう。

 まずは昼食です。昨年訪れる事ができなかった新垣食堂に行ってみました。ここは昼だけしか営業していません。昨年は昼間出掛けていたり、ダイビングショップで食べたりしていたため、行きそびれたのです。コーラルリゾート石垣島から北へ500m程。伊原間(いばるま)集落の中心付近にあります。食堂の前には伊原間のバス停が立っています。

Img_5943

 ご覧の通りの簡素な建物です。メニューも非常にシンプル。牛汁ライス付き1000円、牛そば(大700円、小500円)とビーフカレー(大700円、小500円)のみです。値段も大変良心的です。実は新垣牧場の直営店?なのです。地元住民の方もよく利用しているようです。

 料理が来るのを待っていたら、お店の方が「ひょっとして伊東から来た方ですか。川奈から電話が入っています。」と。w(゚o゚)w  えっ。

 実は我々行きつけの伊東市川奈の沖縄料理店「ゆんたく」さんは、新垣さんからお肉を仕入れており、ちょっど注文の電話を(店内のピンク電話に!)掛けて来たところ。ゆんたくさんは我々が今、伊原間に滞在している事を知っていたので、お店の方に聞いてみたら、案の定それらしい我々が店内に居たというわけです。いやあ面白い。

Img_5941 写真は牛そば大です。ゴロゴロと大きな牛肉が人参などのたっぷりの野菜と共にそばにのっています。麺は当然丸麺です。牛肉は、とてもしっかりした歯ごたえがあり、いかにも肉を食べている感じです。汁は甘みを抑えてあり、明石食堂とは全く異なる傾向の味です。このそば一杯ですっかり満腹、満足です。カレーを食べるチャンスがありませんでしたが、このお肉で作られたカレーはいかにも食べ応えがありそうです。

Img_5945 食事の後は、朝食用のパンの買い出しです。西回りの道を進み、昨年食べてとてもおいしかった天然酵母パンのお店「たなかさんこと」へ向かいます。おや、月水木定休日と書いてあります。今日は金曜日…開いています。お店は10時頃に開店するそうです。我々の帰る26日(月)は臨時営業するそうなので、空港に向かう途中でまたパンを買っていけそうです。

Img_5949 一旦伊原間に戻り、伊原間農園へ。コーラルリゾート石垣島はこの農園の方が管理をされています。昨日は到着が遅くて管理人さんに会う事ができませんでしたが、今日はいらっしゃいました。

 昨年はドラゴンフルーツがありませんでした。我々が訪問する直前に台風が直撃したため、被害を受けないように摘果してしまっていたためです。今年の台風15号は静岡を直撃しましたが、石垣には殆ど影響しませんでした。おかげでドラゴンフルーツも並んでいます。ドラゴンフルーツにシークワーサーの果汁を絞って食べると、甘みが引き立ってよりおいしくなります。

|

« 東伊豆町の静和病院 廃院へ | トップページ | 石垣島の旅再び08 川平湾のグラスボート »

旅行・地域」カテゴリの記事

石垣島の旅再び」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/195657/52880082

この記事へのトラックバック一覧です: 石垣島の旅再び07 新垣食堂とたなかさんとこと伊原間農園:

« 東伊豆町の静和病院 廃院へ | トップページ | 石垣島の旅再び08 川平湾のグラスボート »