« 石垣島の旅再び12 ナータ浜で泳ぐ、泳ぐ | トップページ | 石垣島の旅再び14 今回は今一つの平久保崎 »

2011年11月 8日 (火)

石垣島の旅再び13 やぎそばを求めて一休食堂

平成23年9月24日(土)~25日(日)

 昨年の石垣島旅行で やぎそば を食べ、そのおいしさ(と独特の臭い)を堪能しました。今年も是非食べたいと思っていましたが、昨年やぎそばを賞味した野底の キッチンみさき さんは閉店してしまっていました。

Img_6046 西回りの県道で栄集落を通過する時、道路端に「やぎ肉あります 山城商店」の看板が立っています。さとうきび畑の中の小道を進み栄の集落の中に入っていくと、山城商店がありました。ところがこちらもお休みです。以前は やぎそばも出していたようですが、当面やぎ肉のみ販売と書かれていました。開店していたとしてもやぎそばを食べる事はできなかった様子です。

Img_6047  こうなると何としても やぎそば を食べたい。25日の昼食。石垣島鍾乳洞前の一休食堂へ立ち寄りました。市街地のお店と違って駐車場も広々としています。

 お店の建物には、山羊肉料理専門店と書かれていますが、山羊以外も食べられますのでご安心を。

Img_6049 山羊汁ライス付きが1350円、山羊そばは800円と山羊肉料理はちょっと高いです。牛汁ライス付き750円、牛そば550円と牛は安いのです。右写真が待望の山羊そば。お皿は食べた後の骨を置くためにあります。ちなみに左はブタマヨ丼でなんと500円です。

 山羊肉といえば薬味によもぎが添えられる事が多いのですが、乗っているのは葱だけでした。煮込まれた山羊肉は、とろとろでやっぱりおいしいです。今回食べた山羊肉は臭いもあまりきつくありませんでした。(実はちょっと残念でした。)お肉ももう少し食べたかった感じです。値段からすると山羊汁の方がたくさんお肉が食べられそうです。

 ネット上の情報では、他に石垣市役所近くにある トニーそば栄福食堂 でもやぎそばが食べられるようです。こちらのお店では塩をつけて食べる様で、見た目も随分異なります。また機会があったら挑戦してみましょう。

|

« 石垣島の旅再び12 ナータ浜で泳ぐ、泳ぐ | トップページ | 石垣島の旅再び14 今回は今一つの平久保崎 »

旅行・地域」カテゴリの記事

石垣島の旅再び」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/195657/52983438

この記事へのトラックバック一覧です: 石垣島の旅再び13 やぎそばを求めて一休食堂:

« 石垣島の旅再び12 ナータ浜で泳ぐ、泳ぐ | トップページ | 石垣島の旅再び14 今回は今一つの平久保崎 »