« 石垣島の旅再び15 本日もナータ浜 石垣の塩 | トップページ | 石垣島の旅再び17 (完結)名残のナータ浜 »

2011年11月17日 (木)

石垣島の旅16 新石垣空港建設中

平成23年9月25日(日)

 石垣島市街地から伊原間への帰り道、国道390号を素直に走ると遠回りになるので、いつもは距離の短い内陸を抜けて行きます。しかし、今日は思い立って白保地区を回ってみました。白保を過ぎると左手に新石垣空港の誘導灯設備が見えてきました。脇道にそれて、近づいてみます。
Img_6051 一見高架橋のようですが、左側はぷつっと途切れています。夕陽に照らされた一筋の白い建造物には、ちょっと不思議な雰囲気があります。右側の丘陵の上が新石垣空港の滑走路でしょう。

Img_6062 適当に道を進むと、誘導路の下をくぐり、離れていきます。あれれ。適当に右折すると、結局国道に戻ってしまいました。空港本体の工事現場は、国道よりも東側…というか工事のために国道が西に付け替えられたのです。地図の更新されていないポータブルナビは道無き場所を指し示しています。牛種子牧場の手前を右折して旧国道に入り、工事現場にぶつかった所を左折すると見学用の簡易展望所が作られていました。だいぶ日が暮れてしまいましたが、まだ空港の全貌を見渡すことはできます。工事現場の向こう側には海が見えます。

Img_6066 アオサンゴ保護運動の結果、白保の海上から、陸上に計画変更となった新石垣空港。アオサンゴを守るため、結果として空港北側にあるカーラ岳が消滅する事になりました。これまで1500mしか無かった滑走路が2000mに長くなり、ボーイング767など中型機の離着陸が可能になるため、現在よりも多くの観光客を受け入れる事ができるようになるそうです。またこれまでは離陸重量制限のため運行できなかった、羽田など本土への直行便も運行できるようになるそうです。待望の開港は平成25年春に予定されています。市街地からのアクセスは遠くなりますが、北部には近くなります。アクセス道路も建設される予定ですが、開港よりは数年遅れとなるそうです。

|

« 石垣島の旅再び15 本日もナータ浜 石垣の塩 | トップページ | 石垣島の旅再び17 (完結)名残のナータ浜 »

旅行・地域」カテゴリの記事

石垣島の旅再び」カテゴリの記事

コメント

新石垣空港、もうそんなに出来ているのですね。
石垣島には2003年に「一日乗り放題」の時に行ったことがありますが、
当時はまだ姿形もなかったと思います。

現石垣空港のフルブレーキからのロケットスタートが
見られなくなるのも寂しいですが、
新空港でどのような風景が見られるかも楽しみですね。

投稿: かわ。 | 2011年11月20日 (日) 21時52分

かわ。さん、コメントありがとうございます。
 新空港の工事はこの1年でも相当進んだように見えます。
 現石垣空港の離着陸は、飛行機に乗っていても、市街地から見上げていても、なかなかスリリングですよね。観光に生きる島にとっては、まさに待望の新空港です。富士山静岡空港から直行便が…きっと飛びませんね。^^;

投稿: きのじゅん | 2011年11月20日 (日) 22時45分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/195657/53030011

この記事へのトラックバック一覧です: 石垣島の旅16 新石垣空港建設中:

« 石垣島の旅再び15 本日もナータ浜 石垣の塩 | トップページ | 石垣島の旅再び17 (完結)名残のナータ浜 »