« 週刊医学界新聞に揖斐郡北西部地域医療センター長の記事掲載 | トップページ | ビンタン島の旅12(完)  シンガポール再入国とHouse of Anli »

2012年12月24日 (月)

ビンタン島の旅11 さよならビンタン島

2012年10月12日(木)
 タンジュンピナンから Mayang Sari Beach Resort に戻ってきました。娘は車の中で寝て元気回復したらしく、(やった事もないのに)ボーリングに行きたいと言い出しました。チェックインの時にサービス券をもらったのをしっかり覚えていた模様。お土産の調達ついでにホテル内シャトルバスでリゾートセンターに行ってみることにしました。
 ボーリング場の入っている建物は、ゲームコーナーや衣料品、土産物などの店舗が入っており、1階はフードコートになっています。が、何しろお客がいません。ボーリング場ではスタッフがボーリングを楽しんでいる有り様。フードコートの店舗も2つしか開いていませんが、こちらも客は0。約10年振りのボーリングをインドネシアでするとは思いませんでした。娘は係員の人に手伝ってもらい、滑り台みたいな補助具で玉を転がして、それでご満悦。

2012年10月13日(金)

Img_7897  ビンタン島滞在最終日です。チェックアウトの時間は正午なので、午前中は海で一泳ぎ。やや低い透明度も、魚の種類もいつもと変わりませんが、ガラガラのビーチでのんびり泳げるのはいいものです。はるか沖合を大型貨物船が通っていくのが見えます。

Img_7901 泳ぎ終わったら、ビンタンビールの最後の1缶を飲みながら荷物のパッキング。フェリーの荷物は1チケットあたり1個で20kgまでと定められています。(計量も厳密に1個ずつ行われます。)2つの大型スーツケースと1つの小型スーツケースの配分に気をつけながら荷物を入れていきます。

 この数日の閑散振りは見事でしたが、これから週末なので さすがにもうちょっとお客さんが増えるのでしょうね。

 14時35分のフェリーにあわせて、港へのバスは13時30分の出発予定。本来ならレストランで昼食を摂りながら待てば良いですが、何と中国の団体さんで貸し切りになっていて、一般客は締め出されています。隣のホテルまで行けば食べられますが、そこまでの時間の余裕も無いため、菓子などつまみながら我慢する事になってしまいました。

Img_7904 帰りのフェリーのチケットはリコンファームが必要ですが、ホテルのチェックインの時に帰りの予定を聞かれるので、ホテル方でリコンファームとチケット発券を代行してくれてあります。チェックアウトの際に帰りのチケットを受け取る事ができます。親切ですね。

 Bandar Bentan Telani フェリーターミナルでは、荷物を預けた後、出国手続きを通過。ガラガラかと思いきや待合室は意外に賑わっています。ここにもあるPOLOというお店はビンタン島のあちこちで見かけますが、決してラルフローレンとは書かれていませんので、そのつもりで。フェリーに乗れば、1時間弱でシンガポールの Tanah Melah に帰着です。1時間の時差があるので到着は16時30分頃となります。

|

« 週刊医学界新聞に揖斐郡北西部地域医療センター長の記事掲載 | トップページ | ビンタン島の旅12(完)  シンガポール再入国とHouse of Anli »

ビンタン島の旅」カテゴリの記事

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/195657/56377476

この記事へのトラックバック一覧です: ビンタン島の旅11 さよならビンタン島:

« 週刊医学界新聞に揖斐郡北西部地域医療センター長の記事掲載 | トップページ | ビンタン島の旅12(完)  シンガポール再入国とHouse of Anli »