« 地域医療のススメ 研修医ブログ | トップページ | 2012年シンガポールJCIプラクティカム8(完) まとめ »

2013年2月14日 (木)

2012年シンガポールJCIプラクティカム7 5日目

 いよいよ最終日の5日目です。(2012年4月27日)下記の6つのセッションが行われました。全体を総括するような内容です。

(1) Applying Standards to Situation Workshop
(2) Lessons Learned from JCI Accredited Organizations
(3) The Cost of Accreditation
(4) Quality and Patient Safety
(5) Getting Started Advice for those seeking their first Accreditation
(6) Closing Remarks

 (2)のセッションでは,実際に認証を受けた2つの病院の担当者から、認証を受けるまでの取り組みについて体験をもとに説明を受けました。

 (3)のセッションでは認証にかかるコストについて説明がありました。病院の機能や規模によって派遣されるTracerの人数や滞在日数が異なるため単純には言えないが、平均すると48,983ドルの費用がかかっているそうです。これにサーベイヤーの交通費や滞在費が加算されます。

 コストはこれだけに終わりません。ベースラインサーベイやモックサーベイ(模擬サーベイ)など、JCIコンサルタントによる支援サービスを多く利用すると、病院職員の負担は減りますが、コストは高くなります。

|

« 地域医療のススメ 研修医ブログ | トップページ | 2012年シンガポールJCIプラクティカム8(完) まとめ »

2012年シンガポールJCIプラクティカム」カテゴリの記事

医療」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/195657/56529419

この記事へのトラックバック一覧です: 2012年シンガポールJCIプラクティカム7 5日目:

« 地域医療のススメ 研修医ブログ | トップページ | 2012年シンガポールJCIプラクティカム8(完) まとめ »