« マレーシア、特にボルネオ島の旅06 マレーシアくるま事情 | トップページ | マレーシア、特にボルネオ島の旅08 マヌカン島 »

2013年11月 8日 (金)

マレーシア、特にボルネオ島の旅07 ステラ・ハーバー・リゾート

2013年9月22日(日)
 マレーシア航空2618便のクアラルンプール発は11時45分。コタキナバルまでの飛行時間は2時間30分ほどです。国内線なので、シートテレビなどはついておらず、洋上を飛んでいる限り現在地はよくわかりません。コタキナバル空港へは東側から回りこむようにアプローチ。左手遠望に東南アジア最高峰、標高4095mのキナバル山を遠望し、ビルの林立する市街地や水上集落を見下ろしながらの着陸です。市街地から10kmほどしか離れておらず、大変便利な立地にあります。
 同じマレーシア国内ですが、イミグレーションが設置されており、パスポートにスタンプが押されました。ここからホテルまでも日本語ガイドの送迎付きですが、日本からの接続便が無い時間帯ゆえ我々家族以外の客はいません。ガイドさんはオプショナルツアーの宣伝をしてくれますが、すみません、日本語ガイド付きツアーは割高なので利用する予定はありません。

Img_7989 ホテルに到着すれば、ガイドさんがチェックイン手続きもやってくれます。楽ちんですが、過保護ですねえ。部屋の準備が遅れているとのことで、少し待ってほしいとのこと。といってもたった20分ほどなのですが。お詫びの印にとのことでラウンジのカフェでケーキとコーヒーのセットが無料サービスされました。却ってラッキーですね。その他、滞在中のどの日でも使えるWelcomeドリンクのクーポンと、中華レストランのランチクーポンがついていました。

 今回滞在するのはステラ・ハーバー・リゾート SUTERA Harbour Resort です。選択の理由としては、①その名の通りハーバーが隣接していて島に渡るのに便利、②コタキナバル空港へも市街地へも近く市街地へのシャトルバスも運行されている、③子供が遊べるプールがある、の上記3点です。敷地内にも申し訳程度のビーチが作られていますが、そこで泳ごうとは考えていません。

 同じ敷地の中には、ゴルフ場のクラブハウスと、もう一つのホテル、マゼランステラが隣接しています。それぞれにもレストランやプールがありますから、滞在中は外にいかなくてもバリエーション豊かなディナーを楽しむ事ができます。

Img_7991 ホテルの部屋はダブルサイズのベッドが2つ。(娘は母親と添い寝です。)窓からは港と沖合の島々が見えます。バスルームには独立したシャワー室があります。バスタブのある場所とベッドルームの間には、木製の折戸がついています。折戸を開放すれば、入浴しながら海を眺めることができるのですが、この折戸には鍵がありません。バスルームの入り口には鍵がかけられますが、意味が無いですね。つまりトイレに入っていようが、風呂に入っていようが、ベッドルームから娘がガチャっと開けて、落ち着きませんね…^^;;;

 荷物をほどいて一息ついたら、プールや船着場などを散策します。岸壁から覗き込むと、魚が沢山泳いでいるほか、刺の長い黒いウニがごろごろしています。この辺の人は食べないのかな。

|

« マレーシア、特にボルネオ島の旅06 マレーシアくるま事情 | トップページ | マレーシア、特にボルネオ島の旅08 マヌカン島 »

マレーシア、特にボルネオ島の旅」カテゴリの記事

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/195657/58472871

この記事へのトラックバック一覧です: マレーシア、特にボルネオ島の旅07 ステラ・ハーバー・リゾート:

« マレーシア、特にボルネオ島の旅06 マレーシアくるま事情 | トップページ | マレーシア、特にボルネオ島の旅08 マヌカン島 »