« マレーシア、特にボルネオ島の旅13 Rainforest Discovery Center | トップページ | マレーシア、特にボルネオ島の旅15 サンダカンの市場と水上住宅 »

2013年12月13日 (金)

マレーシア、特にボルネオ島の旅14 サンダカンの街

2013年9月24日(火)

Img_8125 セピロックを離れ、サンダカン Sandakan の市街地へ向かいます。灼熱の熱帯雨林を散歩して疲れたし、お腹も空いているし、まずは腹ごしらえです。サンダカンでおすすめのレストランなど心当たりはありませんが、Google Mapsのナビ機能でとりあえず港を目的地に設定して出発しました。市街地に入ると、ごちゃごちゃして路上駐車の車もたくさんありますが、交通法規もよくわからないので取り締まりや車上荒らしのリスクは避けたいところ。Marketの方に向かっていくと、大きなショッピングモール Harbour Mall Sandakan があり、立体駐車場が併設されているのを発見。建物の5階の駐車場に到達するまでに、螺旋状の道路をぐるぐると、10回ぐらいも回ったでしょうか。さすがに気持ち悪くなってきます。しかし駐車場からの港の眺めはなかなかのものでした。遠くには軍艦らしきものが見えます。ボルネオ島東部にあるサンダカンは軍事や貿易の拠点としても重要です。第二次世界大戦でも日本軍がここを占領し、サンダカン捕虜収容所を置いていました。日本の負の歴史を見つめるためにも重要な土地ではあるのですが、今回は子連れのデイトリップということで、残念ながらその時間はありませんでした。

Img_8126  外観は小綺麗な Harbour Mall でしたが、中は空きテナントが多く、仮囲いも適当で歪んでいたり、ちょっと場末の雰囲気も漂います。平日の午後とあってお客さんもまばら。それでもマクドナルドが入っていたりしますので、町の中心施設の一つではあるようです。
Img_8133 周囲を少し歩いてみましたが結局 Mallのすぐ向い側にある BUHARI という店に入ってみました。看板にあるカレー以外にも、壁に掲げられたメニューにはいろいろな料理が書かれていますが、全てマレー語。確かにまわりを見ても地元民と思しき人ばかりの客層。

Img_8131 仕方が無いので、どんな料理なのか英語で問いかけて見ると、店員のおばさんは"ワタシエイゴワカリマセーン"というような素振りでニヤニヤしているだけ。(日本でもありがちな光景ですが)この状況でわけのわからないカレーを頼むのは危険なので、内容に予想がつく、Mee goren とNasi goren ikan bilis を注文。どちらも8RM(240円ぐらい)以下とImg_8132格安でした。ikanが魚という意味なのは知っていますが、ikan bilis がどなん魚なのかはわからないまま賭けに出て注文。料理を待っている間に google 翻訳で調べてアンチョビである事が判明しました。
 待つことしばし。料理がやってきました。アンチョビの塩味が炒めご飯によく合います。ミーゴレンはやや太めの麺で、シコシコしています。娘はここでも白飯です。値段は2RMだったかな。
 お腹が満ちればちょっと元気が出てきます。

Img_8135_2  カレー屋の近所の店先に両替コーナーを発見。レートがまあまあ良かったので追加で両替しました。ドルからも円からも問題なくリンギットに替えてもらえました。

 Harbour Mallに戻り、4階のプレイランドに。入り口の係員に3RM(90円)支払えば、何分でも好きなだけ遊び放題です。冷房は効いているし、安上がりでいいや。

 その間に妻はモール内を探索してきましたが、特に収穫は無かった様です。

|

« マレーシア、特にボルネオ島の旅13 Rainforest Discovery Center | トップページ | マレーシア、特にボルネオ島の旅15 サンダカンの市場と水上住宅 »

マレーシア、特にボルネオ島の旅」カテゴリの記事

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/195657/58473125

この記事へのトラックバック一覧です: マレーシア、特にボルネオ島の旅14 サンダカンの街:

« マレーシア、特にボルネオ島の旅13 Rainforest Discovery Center | トップページ | マレーシア、特にボルネオ島の旅15 サンダカンの市場と水上住宅 »