« 田牛、白浜、爪木崎 | トップページ | 松崎町大沢 那賀川と山神社 »

2014年5月 1日 (木)

三四郎島、浮島海岸

2014年4月19日(土)撮影

Img_8793 西伊豆町の名勝堂ヶ島海岸。その北隣にある瀬浜海岸から沖合に向かって三四郎島と呼ばれる、象島、中の島、高島が並んでいます。浜と島の間には浅瀬があり、引き潮の時には海の中に道が開けるかのように、陸続きとなります。トンボロ現象と言われます。

Img_8798 海岸へは堂ヶ島温泉ホテルの入り口につながる車道の脇からおりていくことができます。道の反対側の小松ビューホテルが廃業し、今では更地となってしまったのが寂しい感じです。

 瀬は普段は海中に没しているため海藻で緑色に着色しています。大きな石をどかすと、貝ややどかりなど、磯の生き物が多く住んでいます。近所の方が袋いっぱい貝を拾っていました。味噌汁にすると美味しそうです。

 2枚目の写真は瀬浜から堂ヶ島の方向を眺めたものです。

Img_8805 また少し北上して、田子地区の浮島(ふとう)海岸にやって来ました。ビーチダイビングでも有名なところでして、雨上がりの曇天にもかかわらず馬蹄形の浜から見える海は、水底の岩がよく透けて見えるほどの透明度で、魚の姿も見ることができます。

Img_8808 成り立ちは全く違いますが、ハワイオアフ島のハナウマ湾にもなんとなく雰囲気が似ているような気がします。(あちらは火山のカルデラが沈降したもの。こちらは火山性の軽石凝灰岩が波で侵食されたものです。)

 この近所に5年も住んでいましたが、改めて見ても、大変美しい海岸です。しかし、誰も訪れる人はいません。遊歩道を歩いて行けば1時間弱で田子へ抜ける事ができます。

|

« 田牛、白浜、爪木崎 | トップページ | 松崎町大沢 那賀川と山神社 »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/195657/59551993

この記事へのトラックバック一覧です: 三四郎島、浮島海岸:

« 田牛、白浜、爪木崎 | トップページ | 松崎町大沢 那賀川と山神社 »