« 新型 CITROËN C4 Picasso 追加情報 | トップページ | Mzuzu Coffee »

2014年8月28日 (木)

北陸新幹線の運行計画発表

 現在長野止まりとなっている北陸新幹線(長野新幹線)が、来年2015年3月14日に金沢まで延伸開業するということで、関連する運行計画がJR東日本・西日本から発表されました。(上野東京ラインもきっと同日開業なのでしょうね。)
 これによると東京から金沢まで直通する列車は、速達タイプの「かがやき」10往復と、長野から先各駅に停まる「はくたか」が14往復の合計24往復。新青森への直通列車の1.5倍ぐらいですね。長野までの「あさま」16往復とのことなので、東京-長野間はなんと40往復で、現在の27往復から約1.5倍の大幅増加。これはちょっと予想外でした。
 こうなると東京口ダイヤの逼迫が懸念されます。このプレスリリースには書かれていませんが、北陸への乗り継ぎ客分の需要が減る上越新幹線の本数がどうなるのかも気になるところです。過去報道では大幅な減便は無いとされているようですが…、「たにがわ」が「あさま」に置き換わらないと、物理的に無理な気がします…が。
 富山-金沢間では在来線の特急が全廃となり、新幹線への乗り継ぎが必要になります。区間列車の「つるぎ」は予想外に頻発の16往復で、この区間も合計42往復と、毎時2-3本の運転となるようです。
 上越新幹線の動向とともに気になるのが、ほくほく線。特急の全廃で、ローカル列車のみとなり、一気にローカル線に。沿線人口が極めて希薄なだけに、厳しい経営が予想されています。同社持ちの特急車両の扱いもどうなるでしょうか。
 在来線では「北越」の代わりに、懐かしい名前の「しらゆき」が新潟-上越妙高間で5往復運転。もと「フレッシュひたち」のE653系が投入されるようです。

|

« 新型 CITROËN C4 Picasso 追加情報 | トップページ | Mzuzu Coffee »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/195657/60224621

この記事へのトラックバック一覧です: 北陸新幹線の運行計画発表:

« 新型 CITROËN C4 Picasso 追加情報 | トップページ | Mzuzu Coffee »