« 鳴門のうず潮 | トップページ | 眉山 »

2014年10月 3日 (金)

鳴門スカイライン

2014年9月13日(土)
Img_8891  鳴門のうず潮を見物した後は徳島市街地へ向かいます。予定よりも早めに活動できているので、少し寄り道して鳴門スカイラインを通るルートを選択しました。
 観光船ののり場がある場所は、四国本土から小鳴門橋で海を渡った向こうにある大毛島でして、北に隣接して島田島という島があります。2つの島と四国本土に挟まれた狭い内湾がウチノ海で、外海との間はすべて狭い海峡になっていますから大変波が静かな場所です。特産のワカメの養殖も行われています。
 鳴門スカイラインは1996年に無料開放とのことです。アップダウンが激しく、非力なレンタカー(ホンダ・ライフのノンターボ)にはなかなか苦しい道路です。
Img_8892 途中の四方見展望台に駐車してウチノ海を眺めます。1枚目の写真で手前から手前に見えている陸地が島田島、左奥が大毛島。右奥側が四国本土の鳴門市街地のようです。潮流の激しい鳴門海峡とはうってかわって、まるで湖のように静かな内海となっています。
 左奥側にズームインしていくと、鳴門海峡に向かう神戸淡路鳴門自動車道の高架が見えます。その向こう側に鳴門海峡を挟んで淡路島を遠望します。
 展望台を後にして進んでいくと、高松と徳島を結ぶ幹線道路である国道11号線に出ます。よく整備された国道を進んで徳島市街地へ。一旦ホテルに立ち寄りチェックインを済ませます。

|

« 鳴門のうず潮 | トップページ | 眉山 »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/195657/60362049

この記事へのトラックバック一覧です: 鳴門スカイライン:

« 鳴門のうず潮 | トップページ | 眉山 »