« 宮崎神宮と宮崎神宮駅 | トップページ | 西オーストラリアMotorhomeの旅01 プランニング »

2014年11月28日 (金)

宮崎空港駅

2014年11月2日

1_2 宮崎神宮駅で待つことしばし。宮崎空港行の各駅停車に乗車します。2両編成の817系電車。アルミ合金の車体、転換式クロスシート、特大型の熱線吸収ガラス、木材をふんだんに使った内装など、JR九州らしい車両です。

 前の列車との間隔は1時間30分以上開いており、車内は立ち客も多い状況でしたが、次の宮崎駅でどっと降りてしまい、空席も出来ました。宮崎の市街地はひとつ先の南宮崎駅の方が中心かと思っていましたが…。

2_2

 南宮崎駅からは日南線に乗り入れ、一駅目の田吉に停車。左手前方には高架橋と終点となる宮崎空港のターミナルビルがもう見えています。一駅区間1.4kmの宮崎空港線が開業したのが1996年。ずっとこの区間が未乗となっていましたが、乗る前から既に全線が最初から見えている状態です。

3_2

 宮崎空港駅のホームは高架橋の上。改札口もホームの端にあります。そこから階段を降りていくと、空港のターミナルビルの目の前に出ます。全国の空港駅の中でもダントツに駅へのアクセスが良いですが、一方で接続する列車はダントツに少なく、1日30本ほどしかありませんし、必ずしも空港ダイヤと連動しているわけではありません。

 例えばこれから乗る14時20分のソラシドエアに加え、14時25分にもJALの羽田行きが続いているのですが、これに接続できる列車は13時17分着となり、余裕がありすぎます。しかし、次の列車(14時21分着)では間に合わないのです。

 これでJR線の未乗区間は残すところ越後湯沢-ガーラ湯沢間のみとなりました。1990年の同駅開業以来返上していた国鉄→JR全線乗車のタイトル?奪還がついに近づいてきました。もっとも来年3月には北陸新幹線金沢延長が控えておりますが。

|

« 宮崎神宮と宮崎神宮駅 | トップページ | 西オーストラリアMotorhomeの旅01 プランニング »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/195657/60642232

この記事へのトラックバック一覧です: 宮崎空港駅:

« 宮崎神宮と宮崎神宮駅 | トップページ | 西オーストラリアMotorhomeの旅01 プランニング »