« 冠山峠道路(未成) | トップページ | 潮干狩り@ふなばし三番瀬海浜公園 »

2016年5月 4日 (水)

妙見島

東京メトロ東西線で葛西から浦安に向かって乗車していると、旧江戸川の鉄橋から左手に中島が見えます。この妙見島へは鉄道の北側を走る道路橋の浦安橋の途中から降りることがてきますが、まあ用事が無いので気にはなりつつも行くチャンスは有りませんでした。

Photo

 5月3日の日中、少し中途半端な空き時間ができたので、妙見島に行ってみることにしました。

 浦安側から浦安橋の南側歩道を歩いて行くと、左手に東西線の旧江戸川鉄橋が見えてきます。遥か向こうに見える山は、東京ディズニーシーの敷地内にある人工の山です。(プロメテウス火山というそうな。)

4  車で行く場合は橋の途中から右側に分岐することになりますが、歩行者は歩道の途中から左側に、モーテルの敷地を間近に見ながら階段を降りていくことになります。2枚目写真の奥に写っているのがその階段です。階段を降りてから車道に出て浦安橋に添ってモーテルの玄関と大衆食堂の前を通り過ぎるとすぐに島の西岸にぶつかります。車道はUターンして浦安橋の上下線の間へと上がっていき、千葉方面への出入り口につながっています。食堂のところに住居表示があり、東葛西3丁目となっていました。なるほどここは東京都江戸川区なのです。

3  紡錘型の妙見島ですが、島内の道路は島の東側を南北に結ぶ一本だけで、西岸に近づくことができるのはここだけ。他の場所は工場の敷地内などで近づくことができないようです。仕方が無いので、 浦安橋の下をくぐって北側を目指します。東京方面と千葉方面の出口を示す道路標識が出ています。

 島内にあるのは、廃棄物処理工場、食品工場、モーテル、釣り船店など。コンクリートの高い護岸で囲まれていて、川の水面を見ることができる場所は限られています。砂埃を巻き上げながらトラックが行き交います。工場の敷地内に社宅らしき建物があったり、営業所兼自宅といった様子の建物もあり、少ないながら定住人口もあるようです。工場の敷地には安全祈願のためか小さな神社も作られていました。

1 ニューポート江戸川というマリーナがあり、プレジャーボートの管理や船舶免許試験などを扱っているようでした。ホームページの写真を見ると、すごくおしゃれな場所に見えてしまいますが…。確かにこの妙見島の中で唯一、休日日中に活気づく場所のようです。

 敷地が限られているため、ボート用の立体駐車場(駐艇場?)が目を引きます。桟橋からの船の揚げおろしには、クレーンを使っていました。この付近だけは護岸が低くなっており、旧江戸川の対岸の浦安市当代島の家並みを見ることができます。魚があまりいないからか、海鳥が集まっているようなことも無く、静かな岸辺です。

Photo_2  道路は月島食品の工場の入り口で終わりとなり、元来た道を引き返す他はありません。 浦安橋を渡るとそこから葛西駅までは20分ほどです。

|

« 冠山峠道路(未成) | トップページ | 潮干狩り@ふなばし三番瀬海浜公園 »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/195657/63578525

この記事へのトラックバック一覧です: 妙見島:

« 冠山峠道路(未成) | トップページ | 潮干狩り@ふなばし三番瀬海浜公園 »