« 新専門医情報 2016年7月6日 日本皮膚科学会 新専門医制度に関する重要なお知らせ | トップページ | 新専門医情報 2016年7月6日 日本脳神経外科学会 新専門医制度に関する声明 »

2016年7月 6日 (水)

新専門医情報 2016年7月1日 病理専門研修プログラム公開

 7月1日付けで日本病理学会ホームページに2017年度の研修プログラムが公開されておりました。http://pathology.or.jp/senmoni/post.html

 来年度の実施については、「プログラムでの定員枠は弾力的に運用し,プログラム間での相互支援を図り,学会が専門医研修を最大限応援いたします.」とのことです。

 プログラム数を地域別に見ると、
北海道 4、
青森1、岩手1、宮城1、秋田2、山形2、福島1、新潟1、
茨城1、栃木2、群馬1、埼玉7、千葉4、東京25、神奈川5、
山梨1、長野1、富山1、石川3、福井2、愛知5、静岡2、岐阜1、三重1、
滋賀1、京都2、大阪8、兵庫3、奈良1、和歌山1、
鳥取1、島根1、岡山3、広島2、山口1、徳島1、香川1、愛媛1、高知1、
福岡4、佐賀1、長崎1、熊本1、大分1、宮崎1、鹿児島1、沖縄1
となっていました。

 中国四国九州を合わせても、東京に届きません。

 各県1プログラムのところは基本的に大学病院のみです。大学病院以外の基幹プログラムは、市立札幌病院、平賀総合病院、山形県立中央病院、戸田中央総合病院、旭中央病院、亀田総合病院、がん研究会有明病院、国際医療研究センター病院、聖路加国際病院、立川総合病院、多摩総合医療センター、東京都健康長寿医療センター、東京都立駒込病院、虎の門病院、湘南鎌倉総合病院、石川県立中央病院、福井県立病院、名古屋第一赤十字病院、磐田市立総合病院、聖隷浜松病院、大阪市立総合医療センター、大阪府立成人病センター、高槻病院、神戸市医療センター中央市民病院、倉敷中央病院、広島市民病院の26プログラムとなっています。

 四国・山陰・九州・沖縄では全て大学基幹のプログラムになっています。

|

« 新専門医情報 2016年7月6日 日本皮膚科学会 新専門医制度に関する重要なお知らせ | トップページ | 新専門医情報 2016年7月6日 日本脳神経外科学会 新専門医制度に関する声明 »

医療」カテゴリの記事

新専門医情報」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/195657/63878347

この記事へのトラックバック一覧です: 新専門医情報 2016年7月1日 病理専門研修プログラム公開:

« 新専門医情報 2016年7月6日 日本皮膚科学会 新専門医制度に関する重要なお知らせ | トップページ | 新専門医情報 2016年7月6日 日本脳神経外科学会 新専門医制度に関する声明 »