« フィリピン、特にシアルガオ島の旅04 まさかのブーメラン | トップページ | フィリピン、特にシアルガオ島の旅06 Kalinaw Resort »

2016年9月21日 (水)

フィリピン、特にシアルガオ島の旅05 やっとシアルガオ島に到着

2016年8月21日(日)

P8210086  いよいよ今回の旅の目的地シアルガオ島 Siargao Island が見えてきました。海辺に広がる広大なマングローブ林と内陸のココヤシ林、複雑な形の入り江など大自然の光景。今度こそマクタン島では無く、シアルガオ島です。飛行機は右旋回しながら高度を下げて行き着陸。滑走路の端でUターンしてターミナル前で停止。時刻は17時30分。5時間40分遅れでやっと着きました。ターミナルの窓ガラスに夕陽が反射しています。もうすぐ日が暮れてしまいます。

 出発ゲートの中の待合室では昼前からずっとこの飛行機を待っていた乗客の姿が見えます。ターミナルは思いのほか新しい建物でしたが、到着エリアは非常にこじんまりとしていて、預け荷物の引き取り場所にカルーセルなどもちろんなく、床にポンと置かれた荷物を各自で取りに行くスタイル。2006年に訪れたタンザニアのザンジバル空港を思い出しました。

P8210092  宿泊先の Kalinaw Resort からのピックアップの車はちゃんと待ってくれていました。飛行機が引き返したという情報を聞いて今日はキャンセルかと思って帰る途中、連絡が入りやっぱり飛ぶようだとのことで空港に戻ってきたそうです。

 NISSANのバン(NV350)に乗って出発。幅員6mほどのコンクリート舗装の道路。夕方とあって通り沿いの小さな町では人やバイク、トライシクル(バイクにサイドカーを取り付けて多人数が乗れるようにした乗り物)などの往来が多いのですが、普通の自動車は少なく、たまにすれ違う程度。沿道の家々は本当に簡素な作りで、道端の草地ではあちこちで家畜の牛が草を食べています。商店の前にはコーラのボトルに詰められたガソリンが並べられています。非常にのんびりとした光景です。これは想像していた以上に楽しいところに来たなあと、思わずにやけてしまいます。

 この島最大の町であるDapaにさしかかる頃にはすっかり暗くなってしまいました。観光拠点であるGeneral Luna(通称GL)の町を通り抜けますが、ここまで立派なビルのような建物は一つも無し! GLから先の Tourist Road 沿いには観光客向けのレストランやリゾート施設が見られるようになります。

 Sayak空港から走ること約45分。今回5泊滞在する Kalinaw Resortに到着しました。

|

« フィリピン、特にシアルガオ島の旅04 まさかのブーメラン | トップページ | フィリピン、特にシアルガオ島の旅06 Kalinaw Resort »

フィリピン、特にシアルガオ島の旅」カテゴリの記事

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/195657/64154864

この記事へのトラックバック一覧です: フィリピン、特にシアルガオ島の旅05 やっとシアルガオ島に到着:

« フィリピン、特にシアルガオ島の旅04 まさかのブーメラン | トップページ | フィリピン、特にシアルガオ島の旅06 Kalinaw Resort »