« フィリピン、特にシアルガオ島の旅18 Kaob Island Sagba Blue Lagoon 2 | トップページ | フィリピン、特にシアルガオ島の旅20 Kaob Island Sagba Blue Lagoon 4 »

2016年12月 4日 (日)

フィリピン、特にシアルガオ島の旅19 Kaob Island Sagba Blue Lagoon 3

2016年8月24日(水)

P8240948 桟橋から上陸し、さっそく小屋の2階に上がり荷物を置きます。今日も荷物の見張りと、昼食の準備はリゾートのスタッフがやってくれますので、私たちは心置きなく遊ぶことができます。ありがたいことです。もちろん売店などはありませんから、すべての食料や飲み物は外から持ち込み、ごみも持ち帰らなくてはなりません。

P8240949 波も無い静かな水面。エメラルドグリーンのLagoonはとても美しい。水の出入りが少ない内湾のはずですが、透明度も比較的高くて水底が透けて見えています。こんな素晴らしい場所ですが、 訪れている観光客は他に数グループのみ。ゆったり、のんびりと過ごすことができるのが何よりの贅沢と思えます。

P8240928

 リゾートからは貸し出しのスノーケルも持ってきてくれているので道具は無くても大丈夫ですが、私は自前のスノーケルとフィンを付けてさっそく水に入ります。小屋の近くは水深も浅く、娘でも足が付く深さでした。岸に沿ってLagoon内を泳いでいきます。群れを作って泳いでいる小魚の他にもカニやイソギンチャク、トゲの無いウニの仲間など、水中はなかなかにぎやかです。

P8240960

 目の前をスーッと白いものが横切ります。クラゲです。ミズクラゲの一種だと思いますが、先ほどのブリーフィングでも刺さない毒の無いクラゲとして説明されていたものです。海水浴でクラゲを見かけると刺されるのではないかとドキッとするものですが、このクラゲは安全とのことなので、近づいてみます。フワフワと浮いているのを間近で見ているとなかなかかわいらしいものがあります。

P8240959

 捕まえて、傘の部分を手のひらに乗せてひっくり返し水面から出してみると、ずっしりとした重さがあります。英語で Jelly Fish と言われるように、プルプルとしていて、しばらくすると粘液でヌルヌルしてきます。いやあ意外と気色悪い感じで、面白い。

 12時30分ごろ一旦小屋に戻りランチタイムです。ライス、パン、サラダ、焼き魚、エビのガーリックソテー、春巻き、バナナと非常に充実。とうてい食べきれる量ではないので、リゾートのスタッフの方に一緒に食べませんかと声をかけますが、大丈夫あとで食べるからと言って遠慮します。妻がしぶとく説得を続け、一緒に食事を楽しむことに。どうやら本当は昼食をとるチャンスは無いようで夕方まで食べずに我慢しているようです。

 

|

« フィリピン、特にシアルガオ島の旅18 Kaob Island Sagba Blue Lagoon 2 | トップページ | フィリピン、特にシアルガオ島の旅20 Kaob Island Sagba Blue Lagoon 4 »

フィリピン、特にシアルガオ島の旅」カテゴリの記事

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/195657/64447241

この記事へのトラックバック一覧です: フィリピン、特にシアルガオ島の旅19 Kaob Island Sagba Blue Lagoon 3:

« フィリピン、特にシアルガオ島の旅18 Kaob Island Sagba Blue Lagoon 2 | トップページ | フィリピン、特にシアルガオ島の旅20 Kaob Island Sagba Blue Lagoon 4 »