« フィリピン、特にシアルガオ島の旅26 Oslobへ暴走 | トップページ | フィリピン、特にシアルガオ島の旅28 Whale Shark Watching 2 »

2017年1月29日 (日)

フィリピン、特にシアルガオ島の旅27 Whale Shark Watching 1

2016年8月27日(土)

Oslobにジンベイザメが集まるようになったのは、地元の漁師さんたちが餌付けをしているからです。餌としてはジンベイザメが普段食べている小さなエビを使っています。野生動物に餌付けをして観光資源として利用することに関して、強い反対意見を表明しているサイトもありますし、実際に漁師さんと行動をともにして検証したレポートもあります。

 野生動物に餌付けをして集めるという点では、ボルネオ島サンダカン郊外のLabuk Bayでみたテングザルと類似しています。水族館や動物園のように捕獲した野生動物を檻や水槽に入れて飼育して見せる施設もあります。昨年訪れた南アフリカのプライベートゲームリザーブのように、野生動物を、(場合によっては他の土地から運んできて、)発信器を付けて自然環境に放ち保護している施設もあります。野生動物を真に野生の姿のままで見るというのは、なかなか容易なことではありませんから、人々に動物に興味を持ってもらい大切にしようという心を育てる意味で、動物へのアクセスをしやすくする施設や取り組みというのは必要なことだと、個人的には考えています。

 漁師さんたちも色々と気を使ってはいて、餌付けにはジンベイザメが普段食べている小エビ(未明にこの海域で漁をして捕獲している)を使い、自然の捕食活動を妨げない程度の量に留める、一度に海に入る観光客の数を制限する、動力付きの船は禁止、といった対策は取っています。しかし船との接触でサメが怪我を負ったり、サメに触ったり、ひどい場合はまたがったりする不届きものもいるなど、問題も指摘されています。

P8271127_2 午前9時にOslobの海岸に到着。ツアー会社の担当者が待っていました。まずはツアー会社と提携しているレストランで簡単な朝食が提供されます。もち米のおにぎり(のようなもの)、マンゴー、パパイヤにソフトドリンクやコーヒー(インスタント)といった内容。娘は食べるられるものが無くて途方にくれています。

 食事が終わったら、いよいよ浜に移動です。歩いてもわずか数分の距離なのですが、サービスなのか車で連れて行ってくれます。Watchingの受付も代行してくれます。(まあツアー代金に込みで先払いしているのですが。)いやあ、それにしても外国人観光客がいっぱいで、定番スポットゆえ日本人の姿も多数です。シアルガオ島の長閑さが懐かしい。

P8271134  受付が終わりますと、待合いスペースで数分間のブリーフィングが行われます。日焼け止めや化粧品などは洗い流しておくこと、ジンベイザメの4m以内に近づいてはいけない、触ってはいけない、時間は30分間厳守、漁師の指示は守ることなどなど。そうは言っても、サメを中心に4mの円が書かれているわけではないですし、お互いに泳いでいますので距離を保てというのは、実際にはなかなか困難と思われます。

P8271144  ちなみにWhaleshark Watchingは地元の漁協?(漁師さんの団体)が主催していて、実はボートに乗って見るだけだと600ペソ、シュノーケリングする人は1000ペソ、ダイビングする人は1500ペソとなっています。ツアー会社はこれに往復の交通と朝昼食、シュノーケルのレンタル、そしてたいていは近くにあるツマログ滝への訪問をセットにして、値付けをしています。送迎も混乗、プライベート、日本語ガイド付きと色々レベルがあります。安く済ませたい人は、セブシティから路線バスでやってきます。子供が居て日程にも制約があるとなかなかそうはいきませんが。ちなみに渇水のため滝は水量が少なくなっているとの事でした。水があるときはこんな感じのようですが、ただの崖を見ても仕方がないので、迷わずオプトアウト(ひとりあたり100ペソ引き)してもらいました。

 ブリーフィングのあとはビーチで順番待ち。この時間帯は写真のような晴天に恵まれ、波も穏やかです。受付時に知らされたグループ番号が呼ばれたら、集合し船に乗り込みます。われわれの船は3家族の混乗です。船に乗ると言ってもほんの100mほどの沖合に出るだけなのですが。

|

« フィリピン、特にシアルガオ島の旅26 Oslobへ暴走 | トップページ | フィリピン、特にシアルガオ島の旅28 Whale Shark Watching 2 »

フィリピン、特にシアルガオ島の旅」カテゴリの記事

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/195657/64531390

この記事へのトラックバック一覧です: フィリピン、特にシアルガオ島の旅27 Whale Shark Watching 1:

« フィリピン、特にシアルガオ島の旅26 Oslobへ暴走 | トップページ | フィリピン、特にシアルガオ島の旅28 Whale Shark Watching 2 »