« 新専門医情報 外科学会がプログラム申請受付開始をアナウンス 5月31日締め | トップページ | 摩周湖・中標津・根室港 »

2017年4月30日 (日)

28年ぶりにJR全線完乗再達成

 昭和60年(1985年)に東北新幹線小山駅で国鉄全線完乗を果たしたものの、(昭和62年に国鉄分割民営化、)平成2年(1990年)12月20日にガーラ湯沢駅が開業して以来、ずっと返上中だったJR全線完乗、4月29日にようやく28年ぶりにタイトル奪還しました。
 この間に博多南線、宮崎空港線、九州新幹線、おおさか東線、仙石線あおば通延伸、東北新幹線八戸延伸・新青森延伸、北陸新幹線、北海道新幹線など、やたら遠方に新線の開業がありましたが、別用で近くに行った時なども活用し、少しずつ乗りつぶして来ました。しかし、ガーラ湯沢だけは何度か近くには行く機会はあったものの営業期間外で乗ることができませんでした。
 4月29日にようやく越後湯沢-ガーラ湯沢間に乗車し、JR線全線完乗を再達成しました。
車内や駅では東南アジアからの観光客の方が目立ちました。駅の案内表示にもタイ語が加えられていました。私は今回はスキーはせず、徒歩で越後湯沢駅まで戻り、上越線・八高線経由で帰ってきました。
 何をもって全線完乗とするのかは、特にルールがあるわけでは無く、各自が決めればよいわけです。若干引っかかっているものとしては、3月に廃線復活した可部線の可部-あき亀山間。廃線前に三段峡まで乗車しているので、今回復活した区間は乗車済として扱うことにしました。その他、武蔵野線がらみの臨時列車のみ走行する鶴見-府中本町の区間や短絡線、震災後大幅に線路付け替えとなった常磐線北部といった区間についても、機会があれば乗っておきたいところです。

|

« 新専門医情報 外科学会がプログラム申請受付開始をアナウンス 5月31日締め | トップページ | 摩周湖・中標津・根室港 »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/195657/65215456

この記事へのトラックバック一覧です: 28年ぶりにJR全線完乗再達成:

« 新専門医情報 外科学会がプログラム申請受付開始をアナウンス 5月31日締め | トップページ | 摩周湖・中標津・根室港 »