« 新専門医情報 機構だより13号(2017年5月機構理事会概要)公開 | トップページ | Habari gani ?の楽しみ方 »

2017年5月29日 (月)

しまなみ海道

2017年2月の撮影です。

P2110130  羽田から岩国空港へ。途中箱根の上空を通過。GPSで取ったログでは、富士山の山頂のわずかに南を通過していました。残念ながら飛行機の上からは真下が見えませんが、もし見えていたら火口が見えていたのではという感じです。さてこうやって上空から見ますと、芦ノ湖がカルデラ湖であることがよくわかります。

 羽田空港の混雑で、岩国空港への到着が20分ほど遅れました。急ぎターミナルを出てみると、何と岩国駅への連絡バスのバス停はもぬけの空。まさか客を乗せずに行ってしまった?

 しばらく途方にくれていましたが、空港では何の案内も無いので、いわくにバスの案内所に電話で問い合わせたところ、調べますとのお返事。コールバックを待つ間にバスは40分後になると案内放送があり、バス停に並んでいたお客はみなタクシー乗り場へ。空港バスが戻ってきても誰もいない状況になりました。

P2120139  案内所からのコールバックによると、バスは一旦岩国駅から錦帯橋方面に運行中で、その後に空港に戻って来るとのことでした。同一行程の中で、空港連絡と、市街地から錦帯橋への観光輸送を兼ねてしまっているので、このようなことになってしまうのでしょうね。空港の客を待っていては駅の客を待たせてしまう。運行本数の少ない地方空港ならではの悲劇ですが、結果的にはタクシー会社を利することになりました。

 私は荷物も多くないし天気も良いので空港から岩国駅まで徒歩で移動。岩国空港はアメリカ海兵隊と海上自衛隊との共用ですが、市街地に大変近くて40分も歩けば駅についてしまいます。

P2120157  翌日。福山からしまなみ海道経由の高速バスで松山へ。島と島の間の狭い海峡は潮の流れが早いのが車内からもよくわかります。鳴戸ほどではないですが、水面が渦巻いています。自分で運転していると道路ばかり見ているはめになりますから、視点の高いバスから景色を楽しむのが正解です。

 四国に渡り通常は今治から海岸沿いに松山に向かうのですが、この日はマラソン大会のため山越えの国道317号線を迂回運転でした。

|

« 新専門医情報 機構だより13号(2017年5月機構理事会概要)公開 | トップページ | Habari gani ?の楽しみ方 »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/195657/65301020

この記事へのトラックバック一覧です: しまなみ海道:

« 新専門医情報 機構だより13号(2017年5月機構理事会概要)公開 | トップページ | Habari gani ?の楽しみ方 »