« 山陰本線で出勤 | トップページ | 新専門医情報 2017年7月7日専門医機構理事会 来年度開始が最終決定できるのは二次審査完了時 »

2017年7月 3日 (月)

須佐港と男命いか

2017年3月の撮影です。

P3230244 山口県萩市須佐地区。スサという地名は神話に登場するスサノオノミコト(色々な当て字がありますが、須佐地区としては須佐之男命なのでしょう)に関連しているようです。須佐での仕事の初日を終えて、今日は須佐の好月旅館に一泊します。

P3230248 夕食時間まで少し間があるので、港付近を歩いてみました。入り組んだ須佐湾は天然の良港で、漁業が盛んです。ここで水揚げされる剣先イカは「男命いか(みこといか)」という名前でブランド化されています。活きた状態で出荷され、お店や旅館では身が透け透けの状態での活造りを楽しむことができます。

P3230249

 夕方は漁船の動きは無く、非常に静かです。内湾のため波もほとんどありません。夕陽が沈むのを見届けたら旅館に戻ります。

Dsc_0646  好月旅館さんによるとこの時期男命いかはなかなかとれないのだそうですが、運良くこの日は水揚げがあったそうで、賞味する機会を得ました。とても甘みがあって美味しかったですよ。春の時期は白魚の収穫期でもあります。

 

|

« 山陰本線で出勤 | トップページ | 新専門医情報 2017年7月7日専門医機構理事会 来年度開始が最終決定できるのは二次審査完了時 »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/195657/65457477

この記事へのトラックバック一覧です: 須佐港と男命いか:

« 山陰本線で出勤 | トップページ | 新専門医情報 2017年7月7日専門医機構理事会 来年度開始が最終決定できるのは二次審査完了時 »