« 新専門医情報 基本領域プログラム一覧等追加情報 | トップページ | ギリシャ、特にフォレガンドロス島の旅01 旅の計画 アテネはあとね »

2017年9月11日 (月)

ガーラ湯沢

2017年4月の撮影です。

P4290578 上越新幹線の枝線として越後湯沢からガーラ湯沢の間が開業したのは1990年12月。当時まだスキーをしていなかった私にとってスキー場アクセスのための季節営業駅に近づくチャンスはなかなか無く、ずっとこの区間がJR全線完乗再達成を阻んできました。

 連休中に珍しいお休みを活用して、念願のガーラ湯沢に行ってきました。東京からMaxたにがわに乗車。越後湯沢からちょっと走るとすぐにガーラ湯沢に到着。あっさり27年ぶりのJR全線再完乗達成です。

P4290583  広い1面2線のプラットホーム。エスカレータでコンコースに上がっていくと、日本語の他に英語、中国語、朝鮮語、そしてタイ語で看板が出ています。

P4290585  ほとんど雪が消えたこの時期のガーラに来るのは、アジアからの観光客ばかりのようです。地元の人に訪ねたら、この時期は重い雪に足を取られて怪我をする人が多いから、滑るのはやめたほうが良いとのことでした。

 改札前にスキー場のチケット売り場やレンタルの営業所があるなど、全く普通の駅とは違うガーラ湯沢。P4290590 西側に出てみると職員駐車場?のような雰囲気で、こちらはすっかり裏口です。そのままゴンドラの下をくぐって北側へ。線路の終端部から駅構内を撮影し、東側の表口へ。

P4290587  ここからは湯沢の市街地方向がよく見えます。

 たいした距離では無いので越後湯沢駅まで歩いて戻りました。上越新幹線で活躍中のE4系Maxも、引退することが決まっています。100系以来の2階建て新幹線の歴史は幕を閉じます。

 越後湯沢駅にもどり、ひとりエチゴビールで完乗を祝います。まだお昼ですが。

|

« 新専門医情報 基本領域プログラム一覧等追加情報 | トップページ | ギリシャ、特にフォレガンドロス島の旅01 旅の計画 アテネはあとね »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/195657/65498299

この記事へのトラックバック一覧です: ガーラ湯沢:

« 新専門医情報 基本領域プログラム一覧等追加情報 | トップページ | ギリシャ、特にフォレガンドロス島の旅01 旅の計画 アテネはあとね »