kinojun.cocolog-nifty.com > 1992年冬の北海道

1992年12月末 冬の北海道を訪れました。オホーツク海に沿って釧路から稚内まで北上。かつて乗車したローカル線の跡をたどりました。そしてまだ残っていた長大ローカル線の深名線に乗り、日本最低気温を記録した朱鞠内へ向かいました。

函館駅の長いホーム
函館駅を出発する特急北斗
大沼駅で貨物列車を退避
森駅でまた貨物列車を退避
夜明けの釧網本線
雪の上の足跡
キハ54単行列車ががやってきた
少しだけ活気付く駅
寒いホームで待つ通勤客
浜小清水駅遠望
浜小清水からのオホーツク海
誰もいない浜辺
国道244号線
キハ40単行
快速しれとこ
網走駅のホーム
網走駅
湧網線の踏み切り跡
残された客車
サロマ湖栄浦(1)
サロマ湖栄浦(2)
サロマ湖栄浦(3)
中湧別行きのバスが来た
紋別の朝(1)
紋別の朝(2)
興浜線の路盤とトンネル
雄武バスターミナル
北防波堤ドーム
利尻富士を望む
未明の深川駅
深名線の夜明け
深名線湖畔駅
湖畔駅遠望
湖畔駅 更に遠望
凍結した朱鞠内湖
踏み切りから線路を見る
朱鞠内駅に接近する列車(1)
朱鞠内駅に接近する列車(2)